記事

ネット動画の真実「アマプラはネトフリの3倍」

1/3

モバイルデータを活用しない手はない

経済を形作る産業構造はこの10年間に大きく変化し、日本ではスマホをはじめとするモバイルの課金ビジネスは年率10%以上で成長し続け、年間1兆2000億円を超える規模になりました。

私が日本法人の代表を務めるApp Annie(アップアニー)のデータによると、モバイルに費やされる時間は1日平均3時間を超え、2年前と比べて1.5倍になっています。特に若い世代の生活者は1日5~10時間をモバイルに費やしているともいわれ、企業が「10年先のクライアントを育てる」ためにはモバイルを活用しない選択肢はないと私は考えています。さらに今後は5Gの登場で通信環境が大きく変化するので、モバイルというデバイスからさらに広がっていくことは容易に想像がつきます。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/marcoventuriniautieri

アップアニーは、スマホのアプリなどに関わるデータを取り扱う世界最大手の企業です。当社が提供しているデータを見ると、「どの国で/どのアプリが/どれくらいダウンロードされ/何人が何分何秒そのアプリを使い/男女比率や年代層はどうなっているのか/他にどのアプリと重複して使う傾向が強いのか」などを正確に把握することができます。

今回の記事では、これらのデータを基に解説していきます。

「いいプロダクトを作ったら売れる」わけがない

まだまだ根強く残っている思想だと思いますが、特に昭和の時代に現役でバリバリ働いてきた人ほど、「いいプロダクトを作れば売れる」「いい場所に店舗を出せばお客さんが来る」と考える傾向があると感じます。しかし、そのような時代はとうに終わっています。

実際に過去お会いした経営層の方々の中には、この「プロダクトアウト偏重」と「オフラインがすべての思考」が強く、デジタル化によって生活者や顧客のデータを取得して分析し、マーケットインの発想を取り入れることや、一時期いわれていた「オムニチャネル」への投資の意思決定をしていませんでした。しかも、「今までのやり方ではビジネスが成長しなくなっている」と危機感らしき言葉を口にするのにもかかわらずです。

特に印象的だったのは某小売業の大手企業の役員です。私がデジタル化の必要性を、国内外の企業の取り組みやビジネス効果をファクトベースでお伝えしていたときのこと。その方は「私が店舗にいた頃は、お客様と顔を合わせてナンボの世界だった。そしてその信頼関係でお客様に愛されていた」と言いました。「過去の経験」にしがみつき、当時の成功体験を自ら否定するような取り組みには肯定的ではないというスタンスを貫いていたのです。

大きなリスク無く世界中にビジネス展開できる

今の時代は、あらゆるものがデジタル化しています。もしくはデジタルと接続できるようになっているので、企業はデータ(ファクト)を簡単に手に入れることができます。これらのデータは次の戦略を考えたり、意思決定をしたりする際に「ファクト」になるため、改めてこれを事業戦略や意思決定に取り入れることを真剣に考えるだけの価値はあります。

たとえばモバイルビジネスをするなら、AppleとGoogleが提供している「アプリストア」というプラットフォーム上に自社の商品を簡単に出品できます。Appleは200カ国以上にストアが展開されているので、自社の商品を世界中の店の棚に並べることができます。

しかもそれらの「商品」は実態を伴わないため、在庫リスクはゼロです。売れなければストアから削除すればいいし、売れるのであればより多くのマーケティング予算を投下するという意思決定をすればよいのです。企業にとって、各国向けにローカライズ(現地語への翻訳など)するだけで、大きなリスク無くビジネスを世界中に展開できます。

あわせて読みたい

「アプリ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。