記事

香港─自由を求める人々の思いを大切に

香港の混乱が続いています。直接的には、中国本土への容疑者引き渡しを可能とする逃亡犯条例改正をめぐっての反対運動でしたが、いまや幅広い抗議運動へと拡大し、一部は過激化しています。

1997年の英国からの香港返還は、1984年の中英共同声明に基づくもので、一国二制度のもと、香港に高度な自治を認めるものでした。

しかし、その後、中国政府の関与圧力は強まり、香港の人々の不安は増しています。背景にあるのは、中国の経済発展に伴う力関係の変化、そして、期待された中国の民主化が進まないことなどがあります。

英国統治下にあった時代を含めて香港に定着した民主主義的価値観、これを守ろうとする香港の人々の強い気持ちに寄り添いたいと思います。中国政府は内政問題だと強調しますが、目の前で人権が侵害されるようなことは黙認できません。

民主主義を含めた様々なインフラがあることで、香港はシンガポールと並ぶ国際金融センターや外国資本の投資先になっています。これは、上海や深センには代替できないことです。中国の関与が大きくなれば、資本は逃避し、これらの機能が失われてしまうことになります。中国政府もそのことは十分に理解しているはずです。

香港の人々、特に若者の持つ香港の将来についての強い危機感は、世界に十分伝わったと思います。根本的な問題の解決は現時点では見通せず、急ぎすぎることは決して良い結果を生まないと思います。ここは、双方がこれ以上の過激化を防ぎ、自制すべきときです。

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMなしスマホが技適通過

    S-MAX

  2. 2

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  3. 3

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  4. 4

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  5. 5

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  6. 6

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  7. 7

    災害で学ばぬ自治体の自衛隊任せ

    清谷信一

  8. 8

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

  9. 9

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  10. 10

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。