記事

EU、ビアリッツG7で米との貿易摩擦緩和目指す=高官


[ブリュッセル 22日 ロイター] - 仏ビアリッツで週末開催される主要7カ国(G7)首脳会議に合わせ、欧州連合(EU)は米国との貿易摩擦の緩和を目指している。EU高官が22日明らかにした。

この高官は「貿易摩擦は世界経済にとって最大のリスク要因と見なされる」とした上で「関税撤廃で合意できるよう、米・EUの双方にとって利益となる機会を引き続き模索できる」と述べた。

EUは米国との通商問題で「前向き」な議題に注力する方針。関税が撤廃された場合、米・EUの輸出額はそれぞれ260億ドル拡大するとみられる。

欧州委のマルムストロム委員(通商担当)は先月、トランプ政権が欧州の自動車に対する関税措置を導入した場合、EUは報復として総額350億ユーロの米製品に追加関税を課すと警告した。

あわせて読みたい

「EU」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    読売の陰謀? 続くプロ野球不祥事

    文化通信特報版

  2. 2

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  3. 3

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  4. 4

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  5. 5

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  6. 6

    元SMAPへ圧力濃厚 公取委の見解

    笹川陽平

  7. 7

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  9. 9

    資材大手の不正 事業拡大がミス

    川北英隆

  10. 10

    部落差別に罰則求めるのは逆効果

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。