記事

世界的な政策協調へのリーダーシップはどこへ

オイルショックで打撃を受けた世界経済を何とかしなければならないと、各国首脳が集まった。

1970年代のことです。その中で次第に、G5、G7といった主要国首脳会議は立ち上がっていきました。

その目的は「政策協調」。世界全体の課題に向けて、主要国で協調して取り組んでいこうという、まさにリーダーとしての役割でした。

ところが今はどうか。トランプ大統領の「アメリカ・ファースト」をはじめ、自国のみの利益を追求する姿勢が強まる中で、今月末のG7でも首脳宣言すら出せないような見通しです。

時代に逆行しています。リーダーの役割とは言えません。

まもなく日本で戦後最長任期の総理となるであろう安倍総理は、G7諸国の中でも強く発言できる立場にあるはずです。なぜ、もっとリードしないのか。トランプ大統領への遠慮が過ぎるのか。解せません。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  4. 4

    カリフォルニアで8400人感染疑い

    ロイター

  5. 5

    政府の休校要請は極めて無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  7. 7

    休校よりも仕事を7日間休ませよ

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    TBS出演医師 テレ朝でも政府批判

    水島宏明

  9. 9

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  10. 10

    辻元氏が個人党会費の転用を否定

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。