記事

世界的な政策協調へのリーダーシップはどこへ

オイルショックで打撃を受けた世界経済を何とかしなければならないと、各国首脳が集まった。

1970年代のことです。その中で次第に、G5、G7といった主要国首脳会議は立ち上がっていきました。

その目的は「政策協調」。世界全体の課題に向けて、主要国で協調して取り組んでいこうという、まさにリーダーとしての役割でした。

ところが今はどうか。トランプ大統領の「アメリカ・ファースト」をはじめ、自国のみの利益を追求する姿勢が強まる中で、今月末のG7でも首脳宣言すら出せないような見通しです。

時代に逆行しています。リーダーの役割とは言えません。

まもなく日本で戦後最長任期の総理となるであろう安倍総理は、G7諸国の中でも強く発言できる立場にあるはずです。なぜ、もっとリードしないのか。トランプ大統領への遠慮が過ぎるのか。解せません。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  3. 3

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  4. 4

    新型iPhone発売も内外から逆風

    ロイター

  5. 5

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  6. 6

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  7. 7

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  8. 8

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  9. 9

    元SMAPへ圧力濃厚 公取委の見解

    笹川陽平

  10. 10

    読売の陰謀? 続くプロ野球不祥事

    文化通信特報版

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。