記事

世界的な政策協調へのリーダーシップはどこへ

オイルショックで打撃を受けた世界経済を何とかしなければならないと、各国首脳が集まった。

1970年代のことです。その中で次第に、G5、G7といった主要国首脳会議は立ち上がっていきました。

その目的は「政策協調」。世界全体の課題に向けて、主要国で協調して取り組んでいこうという、まさにリーダーとしての役割でした。

ところが今はどうか。トランプ大統領の「アメリカ・ファースト」をはじめ、自国のみの利益を追求する姿勢が強まる中で、今月末のG7でも首脳宣言すら出せないような見通しです。

時代に逆行しています。リーダーの役割とは言えません。

まもなく日本で戦後最長任期の総理となるであろう安倍総理は、G7諸国の中でも強く発言できる立場にあるはずです。なぜ、もっとリードしないのか。トランプ大統領への遠慮が過ぎるのか。解せません。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  8. 8

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  9. 9

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  10. 10

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。