記事

韓国がGSOMIAを破棄 専門家「脅しのように使うのは危険な火遊びだ」と忠告も


 22日、韓国大統領府は軍事情報包括保護協定(GSOMIA)更新期限となる24日を前に記者会見を開き、「GSOMIAを終了する」と発表した。

 これにより北朝鮮のミサイルなどに関する情報が共有できず、日米韓の連携にも深刻な影響が出る可能性がある。その理由については「日本が貿易管理上の優遇対象国から韓国を除外したこと」と説明している。

 一方、対北朝鮮政策と朝鮮半島の安全保障は、日韓のみならずアメリカ・トランプ政権にとっても重要な問題となる。

 文大統領は「日本政府の措置に応じて我々も段階的に対抗措置を強化していくだろう」と破棄をちらつかせていたが、同志社大学教授の浅羽祐樹教授はAbemaTVで放送された『AbemaPrime』に出演した際に「更新期限が間もなく来るが、仮に更新しないということになれば、いよいよ安全保障分野でのパートナーではないということがはっきりしてしまう。日米韓の安保連携の中での話なので、アメリカに対してレッドラインを越えてしまう可能性がある。だからこそ日本側は昨年12月のレーダー照射問題で揉めた時にもGSOMIA再検討については一切言及しなかった。そもそもGSOMIAは、日本側の持ち出しが圧倒的に多く、韓国の方が得るものが多い。朝鮮半島有事の際には在日米軍と在韓米軍が連動して動くことが韓国防衛の要だ。制度的な安全装置のGSOMIAを韓国側から切るということになると、これはいよいよ大変な事態だし、アメリカが本腰をあげて仲裁に動いてくれるだろうと、ある種のブラフ、脅しのように使うのは危険な火遊びだ」と忠告している。

(C)AbemaTV

速報/韓国がGSOMIAを破棄

あわせて読みたい

「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMなしスマホが技適通過

    S-MAX

  2. 2

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  3. 3

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  4. 4

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  5. 5

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  6. 6

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  7. 7

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  8. 8

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  9. 9

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

  10. 10

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。