記事

【朗報】ニコン、"ニコンようかん"の販売終了を否定 担当者「ネット販売が終了。今後はニコンミュージアムのみの販売」

ニコンダイレクト 公式サイト

大手カメラメーカー、ニコンの「ニコンようかん」が販売停止になるとネット上で話題になっている。ツイッター上では、「まじかよ!早く買うしか」「他のカメラメーカーはどこもようかんを出してないんだぞ!」など嘆く声が相次いでいる。

ニコンようかんは、同社のオンラインショップ「ニコンダイレクト」などで販売されているオリジナル羊羹。味は「小倉」「本煉」などのほか、「チョコレート」「ブルーベリー」「唐辛子」といった少し変わったものもある。

販売停止の噂についてニコンダイレクトを運営するニコンイメージングジャパンに聞くと、「終了するのは『ニコンダイレクト』とショールームの『ニコンプラザ』での販売です」という。

「ここ数年の販売状況を鑑みて、ネットでの販売終了を決めました。しかし東京都港区の『ニコンミュージアム』では引き続きミュージアム限定オリジナルパッケージのようかんを販売いたします」(広報担当者)

と話す。ニコンようかんのオンライン販売は終了するが、完全な"生産終了"ではないようだ。オンラインショップでは9月30日をもって終了し、購入数は1人2個までとなっている。

1973年に発売「贈答用に購入する中高年男性が多いです」

しかしそもそも、なぜカメラメーカーが羊羹を売っているのだろうか。ようかん発売の経緯について、ニコンの広報担当者は「栃木県大田原市にある『本宮』という和菓子屋さんから『企業羊羹を作りませんか?』と提案されたのがきっかけです」と話す。

これを受け、1973年から社内の売店で販売するようになった。ニコン自体が商品開発・販売を行っているわけではないようだ。

好評を受け、2000年2月から「楽天市場」での販売が開始スタート。購入者については「女性もいますが、贈答用に購入する中高年男性が多いです」と明かす。

「ネットで購入される際はニコン用品のアクセサリーと一緒に購入する人が多かったと、以前の担当者から聞いています」(同担当者)

8月22日17時24分現在、ニコンダイレクトでは「ニコンNEW一口ようかん(小倉・塩・本煉・柚子・胡麻)」(税込1728円)と、予約商品となっている「ニコンNEW一口ようかん(バラエティセット)」(税込1728円)、「ニコンようかんBセット(本煉・小倉・塩)」(同1940円)以外の商品、楽天市場では全商品が品切れ状態となっている。

在庫状況について、ニコンイメージングジャパン広報担当者は「品切れ解消に務めていきますが、解消が難しい商品があるかもしれません」と回答している。ニコンミュージアムでの購入が難しい「ニコンようかん」愛好家は、ネットの在庫があるうちに購入したほうがいいだろう。

あわせて読みたい

「ニコン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  2. 2

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  3. 3

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  4. 4

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  5. 5

    パパ活女性200人超が犯罪被害に

    NEWSポストセブン

  6. 6

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

  7. 7

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  8. 8

    低調な安倍内閣も信頼感ない野党

    早川忠孝

  9. 9

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  10. 10

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。