記事

黄色いベスト運動、反G7サミットに参加 警察が警戒


[アンダイエ(フランス)/イルン(スペイン) 22日 ロイター] - 7カ国(G7)首脳会議(サミット)に反対する抗議活動に、フランスの反政府運動「黄色いベスト」とスペインのバスク民族主義の団体が加わった。

抗議活動は、グローバル化に反対する団体や環境保護団体が展開。先進国の政策が貧富の格差拡大につながっていると訴えている。

G7サミットの開催地である仏ビアリッツ近郊のアンダイエとスペインのイルンでは50の非政府組織(NGO)が「反G7」サミットを開催。先進国の経済政策や環境政策に批判の声を上げている。

G7サミットに反対する「オルタナティブズG7」のセバスチアン・ベリュール氏は「G7サミットは、格差をメインテーマに掲げているが、先進国の政策自体が格差を生み出し、格差を広げる原因になっている」と批判。

黄色いベストは、燃料への環境税課税に反対する運動として始まり、昨年終盤から今年初めまでフランスで毎週抗議デモを実施。デモは暴動や略奪行為にも発展した。

ベリュール氏は反グローバル化の団体が黄色いベストと連携することに矛盾はないと発言。フランスの最も重要な社会運動である黄色いベストが参加しなければ、反G7サミットは失敗に終わっていただろうと述べた。

ベリュール氏は、スペインのバスク独立運動について、暴力行為を放棄しており、「反グローバル化という共通の世界観」を持っていると説明した。

反G7サミットは、アンダイエとイルンで24日に平和的なデモ行進を行う予定。

黄色いベストも同日、抗議活動が禁止されているビアリッツでデモを行うことを呼びかけおり、警察が警戒態勢を敷いている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  2. 2

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  3. 3

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  4. 4

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  5. 5

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  6. 6

    最終回目前『おかえりモネ』ヒロインは今までの朝ドラとどこが違ったのか?

    NEWSポストセブン

    10月21日 09:25

  7. 7

    岸田が落胆「自民党調査」が示した「マイナス50議席」危機

    新潮社フォーサイト

    10月21日 10:56

  8. 8

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  9. 9

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  10. 10

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。