記事

米ニュージャージー州パリセイズ・パーク市の慰安婦記念碑問題

 自民党領土に関する特命委員会(委員長・石破茂衆院議員)は5月15日、一昨年10月に「日本帝国政府の軍によって拉致された」などと書かれた慰安婦記念碑が設置された米ニュージャージー州のパリセイズ・パーク市を訪れ、同市に記念碑の撤去を求めた古屋圭司衆院議員と山谷えり子参院議員から報告を受けた。
 これを受け、同委員会は記念碑の早期撤去と碑文の内容が事実無根であることを証明しうる十分な資料を国内外に示すよう政府に求める決議を行い、17日政府に申し入れた。


政府は早期の撤去を求め 歴史的根拠を内外に示せ
他の米自治体に拡大する懸念も


 同市を訪問したのは古屋、山谷両議員、竹本直一衆院議員、塚田一郎参院議員の4議員。7日(現地時間6日)、市役所で市長、副市長、市議会議長、図書館長と面談した。

 一行は当時の新聞や米国ナショナルアーカイブス(国立公文書記録管理局)が保管する客観的な資料を示しながら、「旧日本軍が韓国人女性を拉致し、慰安所へ強制連行した事実はない」と強く抗議、記念碑の撤去を求めたが、市側は一部の学者の主張を根拠に拒否。さらに帰り際、市議会議長は韓国系住民が多い22の自治体で同様の記念碑を設置する運動を行う意向を示した。

 古屋議員はこうしたやりとりを報告したうえで、「まともな議論にならなかった。モニュメントは小さいが、放置すれば、大きな問題に発展する」と述べた。また、山谷議員は「市長の両脇に韓国系の副市長と議長が座っており、市長に無言の圧力を加えているようだった」との印象を語った。

 出席議員からは「現地の日本人学校の生徒がいじめられているという声も聞く。徹底的に実態を調査すべきだ」「外務省や在外公館のホームページに歴史事実を記した客観的な資料を掲載すべきだ」などの意見が出された。

 同委員会が行った決議には韓国・ソウル市で昨年12月、日本大使館前に設置された「平和の碑少女像」の撤去なども盛り込んだ。

 石破委員長、新藤義孝委員長代理らは17日、藤村修官房長官と玄葉光一郎外務大臣を訪ね、決議文を手渡すとともに、古屋、山谷両議員が同市とのやりとりを報告。政府として対応するよう求めた。しかし、藤村官房長官は「問題認識は共有している」と述べただけで、政府としてどのように取り組んでいくかについては言及を避けた。
 申し入れ後、新藤委員長代理は記者団に対し、「(全米に同様の記念碑が設置されないよう)最初の一つを止めるのが重要だ。そのためには、政府が客観的な事実とわが国の主張を示さなければならない」と語り、同委員会として、引き続き政府に働きかけていく方針を示した。


韓国系ロビーの働きかけで設置
問題の記念碑


 ニューヨーク・マンハッタンから車で約30分走った距離に位置するパリセイズ・パーク市は人口約2万人。このうち韓国系住民が51・5%を占める。
 慰安婦記念碑は一昨年10月、韓国系のロビー団体の働きかけによって公立図書館の敷地に設置された。
 記念碑には「1930年代から1945年までの間、日本帝国政府の軍によって拉致された20万人以上の女性と少女を忘れないために。『慰安婦』として知られている彼女たちは、誰も見過ごすべきではない人権の侵害に耐えた。われわれはこのような人類に対する罪の恐ろしさを忘れまい」と刻まれている。

 党領土に関する特命委員会は今年2月の会合でこの問題を外務省に指摘したが、同省は何ら具体的な対策を講じていない。

『自由民主』より

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  2. 2

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  3. 3

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  4. 4

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  5. 5

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  6. 6

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    小池氏の変節 五輪支持派が危惧

    WEDGE Infinity

  9. 9

    小池氏勝利 秋の総選挙が濃厚に?

    早川忠孝

  10. 10

    ビール業界で1人負け アサヒ苦境

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。