記事

「コミュニケーションが上手くいかないパターン」描いた1コマ漫画が話題、臨床心理士が勧める改善策


 誰もが一度は経験しているであろう、日常のあるあるを描いた1コマ漫画が話題となっている。

 ねんまつたろうさんが先月20日にTwitterで公開した1コマ漫画、「コミュニケーションが上手くいかないパターン」。会話のキャッチボールができない人とのやり取りを、本当のキャッチボールに例えて9パターン描いている。


 その内容は、「相手の発信(ボール)をキャッチしない、できないパターン」「相手の様子が見えず発信が多くなるパターン」「返すボールが見つからない、どれを返していいかわからないパターン」「相手の発信(ボール)をフルスイングで返しちゃう」「予想外の所からボールが飛んできてキャッチできない」など。

 ねんまつたろうさんはミリタリーやSF系の漫画・イラストを描く漫画家で、今回の漫画への反響に「コミュ力のない自分に向けて描いたもの。漫画にして客観視することで『少しは改善できるのでは』と思った。こんなに話題になって正直驚いてます!」と心境を語っている。


 では、“会話のキャッチボール”が苦手な人に特徴はみられるのか。臨床心理士で心理カウンセラーも務める明星大学准教授の藤井靖氏は「良いコミュニケーションをとるには『非言語的行動(表情や視線、声質、声の大きさなど)』が必要。言葉のバリエーションを広げたとしても、非言語的行動自体を変えられないと良いコミュニケーションを取れない可能性が高い」と話す。

 一方、気をつける点としては、「相手が何を感じ何を考えたのかを確認する姿勢を持つ。『今の伝わった?』と相手に聞いてみる」「自分はコミュニケーションが苦手だということを事前に伝え、相手側に“心の準備”をしておいてもらうことも有効」と、非言語的行動の改善を勧めた。


 なお、ねんまつたろうさんの1コマ漫画にSNS上では「分かりみが深い」「コレってうちの上司やん!きっと自覚はない…だから困る」「職場の壁に貼っておきたい」「ほぼ自分。自覚しなくちゃ」と共感の声が多数上がっている。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

【映像】「なぜかハマる…」ひたすら風船を割る動画

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    日韓対立 両国は主張の棚上げを

    舛添要一

  5. 5

    首相「夕食会費はホテルが設定」

    ロイター

  6. 6

    米国が繰り返し韓国のウソを指摘

    高英起

  7. 7

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  8. 8

    中国が圧力? 英大学で高まる警戒

    木村正人

  9. 9

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  10. 10

    桜見る会の前夜祭費 菅長官が嘘?

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。