記事

高田昭義さんのことを改めて想う。

1/2
 尊敬するかたはたくさんいます。亡きかたで最も尊敬するのは、郵政省官房長だった高田昭義さん。「電気通信事業法案」を執筆した方です。パンクなひとでした。亡くなったのは1999年6月。それから20年になります。

 当時書いた追悼文を引っ張り出します。現役の官僚で彼を知る人のほうが少なくなったでしょう。昔はこんなひともいた。長文ですが、いま読み返す意味があると思うので、全文です。

   ---------

 あれからさすがにしばらくショックでした。6月25日。高田さんが天国に召されたという郵政省からのメールは、サンノゼで受けました。インターネット99の会場です。Y2Kがどう現れるか。21世紀のネットワーク社会はどう現れるか。その姿を見ることなく、電気通信事業法の父、高田さんは旅立たれました。これからのこと、もっとお話したかった。

 インターネットの世界大会は5年前のプラハ以来です。あのころ、高田さんは通信政策局の次長でしたか、パリに派遣されてスパイのようなことをしていた私はプラハに潜り込めとの指令を受けたのです。

 あのころ、マルチメディア・ブームでした。アメリカはNIIと競争政策を提唱し、ヨーロッパは国家的インフラ整備を前面に出していました。日本はそのミックス政策でしたね。プラハ会場には欧米の政府関係者の姿が目立ち、政策PRのセッションが急に開かれることになりました。私はあわてました。日本の政府関係者はボクだけか?世界大会で日本ハズシをやられるのを眺めることになるのか?

 外国語をしゃべることと、努力と根性と通勤が何より嫌いな私ですが、その時は、ハジかかされる、という思いから、考える前に走ってました。受付のテーブルでメモをなぐりがきしました。「2010年に1兆ドルの市場を光ファイバーで達成することが国家目標であり、そのため競争環境を強力に整備する、と、日本政府代表が会場で言っている。」

 そしてEUのバッジをつけたグループを探し、その中で一番エラそうな人をつかまえました。フランス人っぽい名前だったので、たどたどしいフランス語で言いました。「日本の政府からパリに派遣された者だ。パリを愛している。ヨーロッパ万歳。だからステージでこのメモを読み上げてくれ。」果たしてその人はEU代表のフランス人で、ニコニコしてメモを受け取り壇上に進み、きっちり読み上げてくれました。そんな話は東京には報告しなかったと思いますが。

 あれからインターネットはネットワークを制覇し、各国が制御しようとした目論見は外れ、民間のビジネスとして定着してきました。だから今回はもう政府関係者の姿は少なく、参加者も落ちついた風情でした。時代が変わった。実感しました。

 今も激動期、あのころも激動期。私が役所に入った84年ごろも激動期でした。データ通信課の新人からみれば、隣で電気通信事業法案を作っているチームのヘッドだった高田調査官は雲の上の存在でした。しかし、そのころの高田さんは今の私と同じ年頃ですね(※中村注:30代半ば)。その方が通信自由化の法案を仕切っていたのですね。

 しかも、どうも実際に法案を書いているのは補佐や係長の方々で、その上司たる調査官は昼間から酔っぱらってるオッサンのように私には映りました。つい15年前のことですが、あのころは若い役人が大きな仕事をしていましたね。

 法案が終わって政省令づくりの段階に来るとアメリカが門戸開放だの技術基準緩和だの勝手なことを言ってきましたが、交渉団が乗り込んできたとき、会議室のあっち側にアメリカが座って、こっち側に郵政省幹部や外務省代表が座って、おや、高田クンがいないぞ高田クンがいないと始まらないぞ、となりました。

 私が地下の売店に探しに行くと、やはり高田さんは禁煙パイポを買っている。皆さん呼んでますよと言うと、「あーそーか」と思い出したようにつぶやいて、パイポを2本、こう、キバのように口から出して、「怖い?怖い?」と聞いてくる。このオッサン変なこと考えてるなと思って答えずにいたら案の定、そのまま会議室に入っていって、しばらく敵の交渉団をにらんでんの。効果ありませんでしたね、あのパイポ。

 それからデータ通信課長として直属の上司と仰ぐこととなり、徹底的に勉強させられました。通信自由化後の法運用に当たり、実態を通じて制度を作っていった時期です。昼間から酔っぱらってるオッサンのくせに、私は政策の議論で勝ったためしがありません。

 だからいつも宿題を抱えている。忙しかった。忙しかった。ところが夕方になると課長は「遊ぼう遊ぼう」と人を誘う。私はヒラなので逃げられず、そしていつものスナックでいつも課長は寝入るから、閉店後、テーブルとイスを片づけて、掃除機をかけて、タクシーで宿舎まで送る、毎日でした。

 土日もなく働いてました。制度、政策、実態を作り上げている最中ですから、楽しかった。でもたまにサボって、ある平日の真っ昼間、日比谷サウナにしけこんでいたら、高田課長が入ってきた。サウナだから逃げられない。

あわせて読みたい

「電気通信政策」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    読売の陰謀? 続くプロ野球不祥事

    文化通信特報版

  3. 3

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  4. 4

    元SMAPへ圧力濃厚 公取委の見解

    笹川陽平

  5. 5

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  6. 6

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  7. 7

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  9. 9

    資材大手の不正 事業拡大がミス

    川北英隆

  10. 10

    部落差別に罰則求めるのは逆効果

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。