記事

米国による中距離ミサイルの日本への配備なんて迷惑

 INF条約が米ロ両国の間で効力を失い、それぞれが軍拡競争に再び突入していくという事態に入っていく様相です。

 米ソ冷戦体制の崩壊が世界の軍事対立を緩和し、核兵器削減という方向性すら示されていました。それ以前から米ソ間の対立は、実際には両国間の軍事費の突出による消耗戦でしかなく、経済を圧迫するだけのものとなり、ソビエトは崩壊、米国も財政赤字が慢性化という状況に陥りました。そうしたことも動機付けとして軍縮に向かわせていたわけです。
 INF条約はそうした米ロがそれぞれの手足を縛るという意味では合理的なものでした。

 しかし、ここには中国が加わっていなかった、その中国は米国との覇権争いのための軍拡に乗り出したわけですが、そうした中国を抑制する目的で米国は再び中距離ミサイルの開発を再開するという愚行。財政赤字を増大させるだけですが、強い米国を演出したいトランプ氏にとっては、メキシコの壁と並んで大したことではないのかもしれません。財政赤字なんて、他の国々に押し付ければいい。

米、中距離の地上型ミサイル実験 INF条約失効後初」(北海道新聞2019年8月20日)

2019年8月13日撮影

 問題なのは、それをアジア諸国に配備しようということ。そのアジア諸国の中には日本も含まれています。
 はっきりいって迷惑です。
 安倍政権も巡航ミサイルの配備などと言い出していましたが、それも同じで、そんなものを配備されること自体が迷惑です。そこまで軍事力でもって緊張関係を持ちたいですか。
 もともと日中間に軍事的緊張などなく、あったとしても偶発的な戦闘などがありうるくらいで(これだって現実的に起きうる可能性はゼロ)、至って平和です。

 そんな中で、日本に中距離ミサイルの配備というのは、目標は中国そのものですから、まさに米中の対立に巻き込まれるということです。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  5. 5

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。