記事

ドルが対円・スイスフランで上昇、リスク選好度上昇=NY市場


[ニューヨーク 21日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ドルが安全資産とされる円やスイスフランに対し上昇。今週終盤に予定されるパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演や主要7カ国(G7)首脳会議に注目が集まる中、世界の株価や米利利回りが上昇し、リスク選好の動きが高まった。

パウエル議長は23日、ワイオミング州ジャクソンホールでの年次経済シンポジウムで講演する。また、24─26日にフランスで開催されるG7サミットで各国の金融当局者が示す発言にも関心が集まる。

米連邦準備理事会(FRB)はこの日、7月30─31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表。複数の参加者が50bpの利下げを望んでいたことが明らかになったほか、政策当局者が追加利下げを検討しているとの印象を与えたくないことで一致したことも分かった。

ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズの為替ストラテジスト、ブレンダン・マッケンナ氏は「FRB当局者の多くが7月の会合で利下げをサイクル半ばの調整と考え、長期的な利下げサイクルの開始とは見なしていなかったようだ」と述べた。その上で「50bp利下げについて討議されたが、合理的な可能性のようには見えず、ドルへの支援材料となる」と述べた。

議事要旨の公表を受け、ドルは一時上げ幅を拡大。トランプ大統領が前日、給与税やキャピタルゲイン税の税率引き下げに前向きな姿勢を示していたこともドルへの追い風となった。

終盤の取引で、ドル/円<JPY=>は0.3%高の106.56円。

ドル/スイスフラン<CHF=>も0.4%高の0.9820フラン。

ユーロ/ドル<EUR=>は0.1%安の1.1087ドル。

シュワブ・センター・フォー・ファイナンシャル・リサーチの債券ストラテジスト、コリン・マーティン氏は、パウエル議長がジャクソンホールの講演で、依然として7月の利下げをサイクル半ばの調整と見なしているのか、または利下げサイクル開始を示唆するのかが興味深いと指摘。「トランプ大統領の関税に関する発表を受け、FRBの見解が変化した可能性がある」と述べた。

ドル/円 NY終値 106.61/106.64

始値 106.43

高値 106.64

安値 106.36

ユーロ/ドル NY終値 1.1083/1.1087

始値 1.1101

高値 1.1107

安値 1.1082

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    政府のデジタル化策は正しいのか

    山田太郎

  8. 8

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  9. 9

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。