記事

日本攻撃が大好きな韓国大統領との付き合い方

1/2

■「日本にその気があるのなら、関係改善の用意がある」

日本の「終戦記念日」に当たる8月15日、韓国では毎年日本の統治からの解放を記念する「光復節」の式典が開催される。

忠清南道(チュンチョンナムド)天安の独立記念館で行われた式典で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこう述べた。

「日本が対話と協力の道へと進むならば、われわれは喜んで手を取る」

「光復節」の式典で演説する文在寅大統領
写真=AFP/時事通信フォト 2019年8月15日、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の式典で演説する文在寅大統領(韓国・天安)

この発言は何を意味するのか。おそらく「日本にその気があるのなら、韓国も悪化した日本との関係を改善する用意がある」といったところだろう。

あくまでも日本次第と前置きしながら、日本との対話と協力を求めている。文氏は事態を収拾したいようだ。日本を強い口調で批判してきたこれまでの文氏の発言と比べると、かなり軟化している。

これまでの文氏の日本批判の発言を拾ってみよう。

■言いたいことをよくこれだけ言えたものだ

8月2日 、日本がホワイト国(輸出優遇国)のリストから韓国を外す政令改正を閣議決定。

→「われわれは二度と日本に負けない」「加害者である日本が盗っ人猛々しく騒ぐ状況を決して座視しない。日本も大きな被害を甘受しなければならない」 8月5日、大統領府の青瓦台(チョンワデ)で開いた首席秘書官・補佐官会議。

→「過去を記憶することができない国」「経済力だけで世界の指導的地位に立つことができない」 8月8日、日本が輸出管理を厳格化していた半導体材料の一部に輸出許可。

→「変わらないのは不確実性が依然としてある点だ」 8月12日、青瓦台での首席秘書官・補佐官会議。

→「われわれの対応は感情的ではない」 8月13日、青瓦台での昼食会。

→「(輸出管理の厳格化は)日韓両国による友好と協力の努力に鑑みて実に失望することであり、残念だ」

こうやって振り返ると、15日の光復節での発言の穏和さが理解できると思う。それにしても一方的に言いたいことをよくこれだけ言えたものだ。その表現には、北朝鮮の自国擁護の声明と似たところがある。

■日本攻撃が好きでそれが正義だと思っている

文氏が大統領に就任して2年余りが経過する。昨年10月には元徴用工問題の韓国大法院(最高裁)判決の確定、11月には慰安婦財団の解散発表、12月には韓国海軍によるレーダー照射事件と、日韓関係は戦後最悪の状態が続いてきた。

文氏だけでなく、歴代の韓国大統領は内政維持に反日感情を利用してきた。だが文氏の言動を見ていると、日本を攻撃することが好きなようにしか思えない。つまり日本攻撃が正義だと思っている節がある。

そんな文氏が、光復節で穏和な発言をしたことは重要だ。今回は歴史認識問題での直接的批判も避けていた。韓国メディアは「光復節の演説としては異例」「演説の中で経済発展を何度も主張」と報じている。文氏は対日関係の悪化によって韓国経済が打撃を受けていることに危機感を抱いたのだろう。

■「早急に韓国と和解すべきだ」という意見に左右されてはダメ

これは日本にとって大きなチャンスだ。日本は文氏の発言をうまく捉えてさらに韓国を軟化させたい。相手国の意に沿うように動いたとしても、最後は自国の利益を狙うのが外交だ。わが身の肉を切らせて相手の骨を断つような戦術を使うべきである。それができてこそ本物の外交だ。

ただし焦りは禁物だ。「このままでは日本と韓国の対立がどう収まるのか分からない。早急に韓国と和解すべきだ」という意見もあるようだが、ここはじっくりと慎重に韓国の出方を見定めてかかる必要がある。

8月3日付の朝日新聞の社説は「日本と韓国が国交を開いてから半世紀あまり。その歩みの中で両国関係は今、最も厳しく、危うい領域に入りつつある」と書き出す。見出しも「対立する日韓 交流の歩みも壊すのか」である。

どうやら朝日社説は日韓双方に襟を正すよう求めていくようである。

「安倍政権はきのう、輸出手続きを簡略化できるリストから韓国を外すことを閣議決定した」とホワイト国からの韓国の除外に触れ、「自治体や市民団体などの交流行事は中止や延期が相次ぐ。7月の半導体材料の輸出規制もあわせ、今後の運用次第では韓国経済を深刻に苦しめ、日本の産業にも影響がでかねない」と指摘したうえで日本政府に対し、こう要求する。

あわせて読みたい

「文在寅」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

  8. 8

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    GoTo決断を押し付け合う菅VS小池

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。