記事

衆議院の解散に備えて、総裁選挙や代表選挙を前倒しすることはいいことだ

9月の民主党の代表選挙、自民党の総裁選挙がどうやら重要な節目となりそうである。

もう6月の衆議院解散・総選挙の目がないことは、国会の弛緩振りから分かる。
6月になっても外遊日程を組んでいる政務三役がいるというのだから、官邸や民主党側に抜き打ち解散の用意がないこともよく分かる。
内閣提出法案の成立率が史上最低だと言われていても、野田総理は殆ど何の痛痒も感じていないようで、反って郵政改革法案の成立は私の仕事だなどと自慢しているようだから、野田総理は輿石幹事長から勧められでもしない限り解散はしない。

雑音を全部消して永田町を眺めていれば、みんなが楽しくお遊戯をしているように見える。
これはスローモーションビデオかしら、と錯覚してしまいそうだ。

こういう状況の中で、9月の自民党総裁選挙の前倒しを主張する声が自民党の中から上がってきているようだ。
総裁選挙の投票は9月に行うが総裁選挙の告示を6月にして、3か月間近くたっぷり総裁選挙立候補者の全国遊説や立会演説会などを行って国民参加型の総裁選挙を実現しようということだろう。
古賀さんが幹事長だったらやりそうなことである。

小泉旋風を吹かすことになったきっかけが古賀幹事長時代の自民党総裁選挙だったのだから、民主党の相変わらずの体たらくにかかわらず伸び悩んでいる自民党の支持率をグンと高めるためにはあの時の総裁選挙を再現する、ということはいい方法である。

やればいい。
民主党も9月の代表選挙の前倒しをやればいい。
ここで思い切ったことをやれば、時代の閉塞感を一気に打開することが出来るかも知れない。
いいことは何でもやってみることである。


これは、いいことである。
大いにやったらいい。

あわせて読みたい

「政局」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  9. 9

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  10. 10

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。