記事

「水道民営化で料金が上がる!」はミスリード。浜松市を事例に、一部民営化の意義を考える

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

水道民営化のパブリックコメントが本日締め切りだったらしく、Twitter上で「水道民営化反対!」の大キャンペーンが貼られていたようです。

どうやら反対キャンペーンの旗を振った方がおられるようで、内容としてはいつも通り

・民営化すれば、民間企業の食い物にされて料金が上がる!
・世界ではすべて民営化が失敗している!
・外資に水を売り払う、麻生財務大臣(と安倍首相)の陰謀だ!

というのが主だったものでした。

こうした水道民営化に対するステレオタイプな誤解、あるいは意図的な曲解に対する反論については、いわゆる水道民営化法案が通った時にブログに書いた通りです。

参考過去記事:
水道民営化(水道法改正)が、国会議員たちのポジショントークになっている件(2018年12月)

https://otokitashun.com/blog/daily/19429/

一番大事な部分だけ繰り返しますと、水道の『一部』民営化(運営権のみ売却)は水道料金を値上げするためではなく、むしろ値上げしないため(値上げ幅を少なくするため)に行うものだと言うことです。

人口減少社会と水道インフラの老朽化に直面して、ほとんどの自治体において水道事業は苦しい運営を強いられています。

そりゃあなんでもかんでも、公営が安心安全で面倒見てくれれば良いかもしれないけど(私はそうは思いませんが)、そういうやり方には限界がきていて、このまま手をこまねいていたら確実に負担が利用者に跳ね返るわけです。

水道事業の運営を民間に渡すのは死んでもイヤで、公営を維持するためだったら料金が倍になっても文句は言わない!

という主張であれば、それはそれで一貫性があると思うのですが、あたかも「水道民営化=料金があがる、公営のまま=料金は上がらない」のような主張は明確なミスリードです。

実際、こんなロジックをちらほらとSNS上で見かけました。

高校生が明確な意思を持って政治に提言する、素晴らしいことです。発信主体が高校生ということもあって、おおいにこちらの投稿は拡散しているようですが、残念ながら主張の中には誤りと思われる部分がいくつかあります。

例えば意見の中で、浜松市(静岡県)が民営化によって値上げした象徴として挙げられていますが(おそらく下水道料金のことを差している)、これを民営化が原因と断定することは間違いです。

浜松市で確かに「下水道」の一部民営化(コンセッション方式)がすでに実施されておりまして、これによって今のところ大きなコストダウンに成功する見込みとなっています。

参考過去記事:
運営権収入で25億円!浜松市の下水道コンセッション方式、東京都でも実現の余地ありか
https://otokitashun.com/blog/daily/17209/

あわせて読みたい

「水道民営化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    堀江氏の低賃金めぐる解説が秀逸

    かさこ

  4. 4

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  5. 5

    教師いじめ給食カレー中止に賛否

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    橋下氏 政治家のダム批判に指摘

    橋下徹

  8. 8

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  10. 10

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。