記事

良くない上司の元で働く人ほど「仕事のやりがい」が低くなる傾向 指示が不明確で、自分の話も聞いてもらえない

あなたの上司はいい上司?
あなたの上司はいい上司?

コンサルティング事業などを行うタバネルは8月20日、「上司についての意識調査」の結果を発表した。調査は今年8月にネット上で実施し、20~59歳の会社員369人から回答を得た。

自身の上司について「良い上司」(13.8%)、「やや良い上司」(35%)の合計が48.8%となった。仕事のやりがいについて聞くと、「良い上司」と答えた人は「やりがいがある」(41.2%)と「ややある」(25.5%)の合計が66.7%となった。

一方、「やや良い上司」だと計47.3%(「やりがいがある」7.8%、「ややある」39.5%)、「良い上司ではない」だと計31.8%(「やりがいがある」4.8%、「ややある」27%)と減少傾向となった。同社は「より良い上司のもとで働くほど、やりがいを持って働くことができる」としている。

良い上司を持つ人ほど、自分のことを知ってもらう・人のことを知る機会がある

自分の意見を上司は聞いてくれるかを聞いた。自分の上司が「良い上司」という人は96.1%が聞いてくれると回答したが、「やや良い上司」は77.5%、「良い上司ではない」は27.5%となった。

上司の指示の仕方が明確と回答した人は、「良い上司」では80.8%だが、「やや良い上司」は60.5%、「良い上司ではない」では15.3%しかいなかった。

また、上司の意見や考えを理解しているという人は、「良い上司」と回答した人で92.2%、「良い上司」で69%、「良い上司ではない」で24.8%となった。

ほかにも「チームに対する意見を述べる機会」や「自分の仕事の成果やがんばりを他人に知ってもらう機会」といった"自分を知ってもらう機会"や、「周囲の人やチームの状況を知る機会」や「他人の仕事の成果やがんばりを知る機会」といった"他人を知る機会"があると回答した人も、「良い上司」が「良い上司ではない」を大きく上回った。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  2. 2

    国民議員 無責任な玉木氏に仰天

    篠原孝

  3. 3

    よしのり氏 堀江氏の主張に賛同

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ後遺症だけが特別ではない

    名月論

  5. 5

    玉木代表は合流賛成派に耳貸すな

    早川忠孝

  6. 6

    今では耳を疑う島耕作の転勤描写

    BLOGOS編集部

  7. 7

    北兵士に緊張 5人餓死の異常事態

    高英起

  8. 8

    コロナ利得者と化したマスコミ

    自由人

  9. 9

    優れた人が性癖で失敗する難しさ

    文春オンライン

  10. 10

    唐揚げは手抜き? 男性発言に疑問

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。