記事

昭和天皇の思いと吉田総理の判断

昭和天皇の国家の安全保障に関する考えがあまりにも常識に適っていてよく分かる。

国民による国家にとって、国軍を持って国民を守るのは、当然のことだ。
むしろ国軍を拒否する者なんか無責任に過ぎない。

だから再軍備は必要であり、憲法改正も必要と昭和天皇は考えた。当然のことだ。

ただし、戦時中の軍閥の復活は望まぬし、暴走しない軍隊でなければならないと昭和天皇は考えておられた。

そして吉田総理が、占領期に作られた憲法の条文のまま、軍事力を捨てた状態を許容し、憲法改正しないというのなら、米軍に守ってもらうしかないと昭和天皇が考えるのも、まったくの当然。
非の打ち所のない判断である。

ただし「敗戦責任」を猛烈に感じておられて、「反省」を国民に向かって表明し、「退位」をしたいと望まれたことは、気持ちとしては痛いほどわかるが、「天皇の戦争責任」を追及する共産党や連合国の世論が消えていない状態では、難しかっただろう。

敗戦責任は東条英機ら、東京裁判で有罪とされた者たちが負ってくれた。
天皇を守るために死んでくれた。
そして国民は敗戦後でも、圧倒的に天皇を支持していた。
天皇と共に立ち直りたいという心情があった。
だから天皇の退位を阻止した吉田総理の判断は正解だったように思う。

あわせて読みたい

「吉田茂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  4. 4

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  5. 5

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  6. 6

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  7. 7

    都知事選 主要候補の政策まとめ

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  10. 10

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。