記事

渋谷で摘発された「フリーおっぱい」の動機

1/2

風俗店やダフ屋、性犯罪を取り締まる「風俗警察」。一体どんな取り締まりを行っているのか。警視庁の風俗警察、生活安全部・生活安全特別捜査隊(生特隊)の活動を紹介する――。(後編、全2回)

※本稿は、今井良『風俗警察』(角川新書)の一部を再編集したものです。


写真=iStock.com/xavierarnau ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/xavierarnau

ホームレスを10人以上雇ってダフ屋行為

「誰に雇われてるんだ?」

生特隊の捜査員が呼び止めたのは60代くらいの男性だ。詳しく聞いてみると路上で生活している、いわゆるホームレスの男だった。同意を得て身体捜検を行うと5万円ほどとコンサートのチケットを所持していた。

2017年9月、宝塚歌劇などの入場券を転売目的で購入したとして、生特隊は26日までに、東京都や埼玉県の迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)容疑で、無職の男(56歳)ら男女計5人を逮捕した。他に逮捕されたのは男と同居する母親(83歳)と、ホームレスの男性3人だった。

生特隊によると、男とその母親は逮捕された3人を含むホームレス十数人に1人当たり日当約7000円を支払い、チケット発売の1日から2日前から店に並ばせて購入。正規価格の最大約17倍で転売していた。

男は2009年4月から、インターネットのチケット販売サイトに登録していて、このサイトを通じて転売を繰り返し、合計約1900万円を得ていたとみられる。

5人の逮捕容疑は、2017年2月26日から4月29日にかけて東京都渋谷区道玄坂のチケット販売店など4カ所で10回にわたり、転売目的で宝塚歌劇の入場券など計52枚を計33万4000円で購入した疑いだった。

「おっぱい触り放題です」女子高生を書類送検

2018年1月。夕方の渋谷駅ハチ公前に人だかりができていた。

「おっぱい触りたい放題です」

こうバニーガール姿で訴える女性の周りに人が集まっていたのだった。男女入り乱れているが、皆一様に女性の胸に触れている。渋谷駅前交番で立番していた渋谷警察署地域課巡査部長は遠目からながら異変に気付いた。

「渋谷駅前PB、〇〇PMから渋谷PS。現在ハチ公前で多数蝟集(いしゅう)者あり、公然わいせつ等の可能性あり、直ちに現場に向かいます」警察官は肩に備えられた無線機で本署のリモコン(無線指令室)に、こう告げると相勤員を伴い、走って人だかりに向かった。

投稿用の動画を撮影するため、東京・渋谷のハチ公前広場で「フリーおっぱい」と書かれたスケッチブックを掲げ、通行人に胸を触らせたとして、警視庁生活安全特別捜査隊は2018年3月12日、東京都迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで、私立高校1年の女子生徒(16歳)を書類送検した。以下の条例違反にあたったのである。

1、わいせつな見せ物、物品若しくは行為又はこれらを仮装したものの観覧、販売又は提供について、客引きをし、又は人に呼び掛け、若しくはビラその他の文書図画を配布し、若しくは提示して客を誘引すること

「ユーチューブで稼ぎたかった」

女子生徒は2018年1月に、バニーガールの姿でハチ公前広場に立ち、十数分間で通行人の男女約20人に胸を触らせていた。人だかりができているのに警視庁渋谷署員が気付き、事情を聴いていた。

生特隊は、様子を撮影していた女子生徒の知り合いの相模原市に住む高校3年生の男子生徒(18歳)と、東京都三鷹市の男性会社員(23歳)の2人についても、同条例違反や同ほう助の疑いで書類送検した。3人は動画投稿サイト「ユーチューブ」に動画を投稿する「ユーチューバー」仲間という。

女子高生らは「閲覧数を稼いで広告収入を得ようと思った」などと話している。動画はサイトに投稿されなかった。

3人の送検容疑は1月28日午後6時半ごろ、渋谷区道玄坂2丁目のハチ公前広場で、不特定多数に「おっぱい触りたい放題」などと呼びかけて胸を通行人に触らせ、公共の場所で周囲の人を著しく羞恥させる行為をしたなどの疑い。生特隊に勤務経験のある警視庁幹部はあきれた口調で言う。

「今までに例がない事件で率直に驚いた。渋谷らしい事件と言えばそれまでだが、多くの人が行き交う場所で風紀を乱すという、れっきとした犯罪行為に変わりなく十分反省してもらいたい」

大改正で注目された“無店舗型”

風俗営業はそもそも風営法にもとづいて風俗警察が監督するものだが、営業する場合は公安委員会に届け出て、許可を得なければならない。夜のネオン街を連想するあの風俗店だけではなく、私たちが普段飲みに行くあの飲食店も実は「風俗営業」なのである。

風俗警察=警視庁保安課では「風俗営業係」が営業届け出の受付・監督に当たっている。指定する業態が大きく変わったのは、1998年(平成10年)の風営法の大改正(1999年4月施行)だ。この時の改正で注目すべきは、性風俗特殊営業のカテゴリーに店舗型に加えて、無店舗型を加えたことにあった。

店舗型よりも、利便性が高いとされた無店舗型のデリバリーヘルスの出店数が右肩上がりで増え続けていったのだ。新たに加わった「接客業務受託営業」は、ブローカーやコンパニオン派遣業者を風俗警察が把握するために設けられたカテゴリーだ。

14年ぶりの改正では、性風俗への規制が目立った形だ。かつての遊郭の囲い込みのように、空間的な規制をする場合は、店舗型のほうが規制しやすい。しかし出店数が急増していった無店舗型では客が自宅に女性を呼ぶことも可能なことなど、風俗警察の目が届きにくくなっていたのだ。風営法では無店舗型性風俗特殊営業について次のように定めている。

あわせて読みたい

「性犯罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMフリースマホ技適通過

    S-MAX

  2. 2

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  3. 3

    災害で学ばぬ自治体の自衛隊任せ

    清谷信一

  4. 4

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  5. 5

    中国人記者 天皇陛下に深い敬意

    PRESIDENT Online

  6. 6

    加害者の実名さらし 収入目的も

    文春オンライン

  7. 7

    東電元会長ら処罰で何か得るのか

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  9. 9

    増税前の駆け込み需要さえ起きず

    大串博志

  10. 10

    一般人と対話拒否 前大臣の暴挙

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。