記事

アマゾン物流センターにジャーナリストが15年ぶりに再潜入

1/2
再潜入で見えたものは?

神奈川県小田原市に新設されたアマゾンジャパンの物流拠点(共同通信社)

 スーパー、家電量販店、コンビニ……日本が築き上げた独自の小売りビジネスを、たった1社が呑み込もうとしている。いまやネット通販の枠を超え、「世界最大の小売り企業」となったアマゾンである。日本でも「アマゾンに業界が壊される」「行政が規制するべきだ」などの脅威論が叫ばれているが、その実態を知る者はあまりに少ない。かつてアマゾンに潜入取材したジャーナリストの横田増生氏が、再び内部に潜入。末端のアルバイトとして働くことを通じて、巨大企業の光と影に迫った。

【写真】超巨大! 神奈川県のアマゾンジャパンの物流拠点

 * * *
「とてつもなく大きくなったなぁ……」と気圧されるような思いに陥ったのは、2017年10月14日のことである。私がアマゾンの物流センター内部に足を踏み入れるのは15年ぶり。再度潜入した先は日本で一番大きな小田原の物流センターだった。そこでピッキング作業を開始したときの第一印象である。ピッキングとは、顧客が注文した商品を指示に従ってセンターの中から探してくる作業のこと。前回も同じだった。ただし、取り扱う商品は多種多様になった。かつてはほとんどが書籍だったが、今では、文房具から車用品、おもちゃや美容品まで、ありとあらゆる商品が、棚の中に詰め込まれていた。

 私が『潜入ルポ アマゾン・ドット・コムの光と影』を書くため、2002年の年末から約半年にわたり潜入したのは、千葉県の市川塩浜の海辺にある物流センターだった。2005年に書籍を出版したときまで、日本ではアマゾンジャパンに関するまとまった情報がほとんどなかった。私は約半年、アルバイトとして働きながら、物流センター内の作業工程や内部のレイアウト、人間模様などを細かく観察した。アルバイトの時給は900円で、契約は2か月ごとの更新という条件だった。

 書籍では、アマゾンがほとんどだれにも気づかれず急成長をつづけているのに加え、その労働現場にはアマゾン社員を頂点とした“カースト制度”にも似た階級づけがあることも指摘した。アマゾン社員の次には現場を仕切る日本通運、そして最下層には時給900円で働くアルバイト。ルポライターの鎌田慧が1970年代、期間工としてトヨタ自動車に潜入して書いた『自動車絶望工場』と比べ、私はアマゾンとの違いについてこう書いた。

「トヨタの工場が『絶望工場』たりえたのは、当時はまだそこに“希望”があったからにほかならない。おそらくそれは、工員でもいいから大企業の社員となれば一生家族を養っていくことができる、という希望だろう。アマゾンのような職場にはそんな希望さえ求めることは難しい。この“希望”の有無こそが、トヨタとアマゾンを隔てる決定的な違いである」

 15年ぶりの再潜入は、アマゾンの物流センターには未だに希望がないことを、この目で確認するために行なった。その当時、アマゾンが日本国内に持つ物流センターは市川塩浜の1か所だけだった。2階建てで、延べ床面積は約1万6000平方メートル。それに比べ、今回潜入した小田原の物流センターは、2013年稼働で、5階建てで延べ床面積は約20万平方メートル。1階ごとの床面積では市川塩浜が8000平方メートルに対して、小田原は4万平方メートル。実に5倍である。加えて、小田原以外にも10か所以上の物流センターが日本中で稼働している。現在、すべてのアマゾンの物流センターの延べ床面積を合計すると、70万平方メートルを超え、日本での立ち上げ時期と比べ、50倍以上の面積となっている。私が潜入した当時、同社がここまで成長するとは、だれも想像しえなかっただろう。

 2002年当時のアマゾンの日本での売上高は約500億円(推定値)。それが2018年の売上高は、1兆5180億円(138億ドル)。30倍以上に成長した。国内の小売業者の売上高ランキングでいえば、5位のユニー・ファミリーマートHDを抜き去るまでに成長している。

 アマゾンは、小田原センターの広さを「東京ドーム約4個分」と表現している。それと比べると、市川塩浜のセンターは、せいぜい「小学校の体育館1個分」。どれぐらい違うかといえば、市川塩浜の場合、朝礼で顔を合わせたアルバイト仲間とは、1日のうちに何度も棚の間で行き違い顔を合わせた。しかし、小田原の場合、朝礼で顔を合わせたアルバイトと、そのあとの作業中に顔を合わせることはほとんどない。みんな広いセンターの中を散り散りになって、それぞれの作業に没頭する。小田原のセンターで働いているアルバイトは、通常1000人ほど。ホリデーシーズン前はそれが2000人に膨れあがる。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 韓国批判を封じるな

    小林よしのり

  2. 2

    嫌韓風潮を憂える朝日社説に疑問

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    街で腕組むカップルが減った理由

    山口浩

  4. 4

    ミヤネ屋出演者の発言に批判殺到

    女性自身

  5. 5

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  6. 6

    反原発派と誤解される福島の漁師

    赤木智弘

  7. 7

    千葉災害 林業政策放置も遠因か

    田中淳夫

  8. 8

    原発処理水の海洋放出は世界基準

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    イランと会談 日韓対立に影響も

    篠田 英朗

  10. 10

    韓国議員が米有力紙で日本を非難

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。