記事

書評 『つながりの仕事術 「コワーキング」を始めよう』

画像を見る
つながりの仕事術~「コワーキング」を始めよう (洋泉社新書y)
クチコミを見る


「従来と同じことをやっていても、新興国には勝てない」
「イノベーションが必要だ」

ビジネスマンだったら、こんなセリフを、きっと一度や二度は耳にしたことがあるに違いない。
ただ、じゃあ何が答えなのかというと、知っている人はいないだろう。
既に知っているのならそれはイノベーションでも何でもないから。

とはいえ、それが生み出されるコツは示すことが可能かもしれない。
そんな可能性のいっぱい詰まったのが本書だ。

「パーティーするように仕事をしよう」

本書はまずこの言葉から始まる。
確かに、リラックスした空間でいろんな人と気兼ねなく話すことは、とても刺激的で、
クリエイティブな時間をもたらしてくれる。それが同じ社内の人間だけではなく、
いろんな企業、業種の人間ならなおさらだ。

それを可能とするのが、「コワーキングスペース」である。

著者の一人は、2010年に東京初となるコワーキングスペース「パックス・コワーキング」
を経堂に立ち上げ、約2年間運営に携わっている。以来、仕事に行くのが楽しくなり 家族からは「仕事なのに、最近楽しそうね」と言われるそうだ。
冒頭の言葉は、そんな著者のコワーキングに対する想いがつまっている。

ノマドと違って、そこには常に仲間がいて、休憩時間やアフター5にはいろんな雑談を 楽しめる。なにか困ったことがあれば互いのスキルや知識を共有できるし、 会話の中から、新たなプロジェクトのきっかけが生まれることもある。

「ノマドやオフィスシェアリングと何が違うの?」と疑問を持つ人もいるだろう。
違いは“コミュニティ”の有無にある。

原理的なコワーキングスペースの定義は「コミュニティが中心にある」という ことになるでしょう。従来のシェアオフィスやレンタルオフィスが施設ありきなのに 対して、人の参加を軸に運営されるのがコワーキングスペースなのです。


もちろん、コミュニティといっても、集中して仕事をしたい時はすればいいし、忙しくて それどころじゃないという人もいるはず。ただ、コミュニティへの参加を楽しまない手は無い。
それこそ“パーティー気分”の正体であり、様々な刺激をもたらしてくれるものだから。

コワーキングスペースにもよるが、基本的に多様な人の参加を期待しているので、 フリーやスタートアップ直後の起業家はもちろん、学生やサラリーマンの参加も ウェルカムだ。参加スタイルもいろいろあって、正式なメンバーから、一日単位の ドロップと呼ばれる利用法もある(詳細は各スペースに要事前確認)。
まずはJellyと呼ばれる定期的に催されるパーティーイベントに顔を出して、 コミュニティの空気を感じてみるのがいいかもしれない。

筆者は、これからの日本が、労働の量で勝ち残っていくのは厳しいと考えている。
とはいえ、なかなか労働の質への転換もドラスティックには進まないはず。
今の組織に籍を置いたまま、手軽の外の知識と触れ合える環境は、これからの 日本の労働を考える上で、重要な意味を持つのではないか。
そんな可能性を感じさせてくれる良書だ。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  3. 3

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  5. 5

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  6. 6

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  7. 7

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  8. 8

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

  9. 9

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  10. 10

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。