記事

「不愉快にさせるのは芸術じゃない」という明確な誤り〜表現の不自由展バッシングで考える芸術

未だにバッシングが続くあいちトリエンナーレの表現の不自由展だが、間違った批判の多くがこれ。

不愉快だから展示するな!

不愉快だから芸術じゃない!

みたいな批判だ。

不愉快という謎の主観で語られる芸術の不思議。

不愉快を基準にしたら多分何も展示できなくなるだろう。

そんなことを見事に指摘していたのがツイッターの@rootsy https://twitter.com/rootsyの投稿だ。
8月17日「見た者を不愉快にさせるなんて芸術じゃない」「きれいでみんなの心を和ますのが芸術」「プロパガンダだから芸術じゃない」みたいな明確に誤ったアート観がポピュラリティを得ていることに頭を抱えたけど、これは謎でもなんでもなくて義務教育の産物だろう。
そういう教師、いたもの。複数人いた。

まさしくこの通りだと思ったのだが残念ながらこの投稿にはクソリプが寄せられているという。

なぜ?もっともでしょ。

そこでこの投稿をリツイートするともに「クソリプにまけずに訴え続けてください!ほんと日本おかしすぎです!」と返信したところ

「訴えたいことあるならご自分で訴えてください。気持ち悪いのであとでブロックしますね」

という謎の返信ともにブロックされてしまいました!

あーなんだよー。

言われなくてもご自分で訴えますって。

ってことで投稿を引用させていただきこのバカバカしさ加減を訴えます。

不愉快かどうかで芸術かそうじゃないかなんて決まらないし「きれいでみんなの心を和ますのが芸術」「プパガンダだから芸術じゃない」もほんとおかしな考え方。

芸術だろうが政治性を帯びて当然だし心を和ますよりさかなでするのも芸術としてあるだろう。

表現の不自由展を批判するなら自分が不愉快と感じたからだからこれはだめだ!という謎のバッシングはあなた自身の知性を疑われるからやめた方がいいですよ。

*ただしツイッターには不愉快で気持ち悪い人はいるのでそういう人は遠慮なくブロックしましょう!

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  5. 5

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。