記事

韓国金融当局、金利デリバティブ商品を調査 大損の恐れ

[ソウル 19日 ロイター] - 韓国の金融当局は19日、銀行や証券会社が主に個人投資家に販売した約8224億ウォン(6億7980万ドル)相当の金利デリバティブ(金融派生商品)を調査すると発表した。投資した資金ほぼすべてが失われる可能性があるという。

金融監督院(FSS)は、調査対象となるのは、独10年債利回りに連動したデリバティブなど。ウリィ銀行、KEBハナ銀行、国民銀行、国内証券3社が188の法人顧客、3654人の個人投資家に販売した。調査は今月開始するとしている。

3銀行のコメントは得られていない。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  3. 3

    コロナで始まった凄いデリバリー

    東龍

  4. 4

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  7. 7

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  8. 8

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  9. 9

    みのもんた パーキンソン病告白

    文春オンライン

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。