記事

埼玉県知事選挙、もう流れは変わらないでしょう

どこで手順前後しちゃったのかしら。

率直に言っていい人材だと思っていたのだが、先手を取っていたはずなのに、今は後手に回ってしまっている。

国民民主党を離党し、自民党埼玉県連に対して推薦を求めている、という話が出ていた頃は、お、やるもんだ、とご本人を見直していたのだが、それから先がどうもよくなかったようだ。

仲介者の力が足りなかったか、それともご本人はじめ関係者の皆さんの努力が足りなかったか、結局自民党埼玉県連から色よい返事をもらえなかったようである。

埼玉県政を円滑に発展軌道に乗せていくためには、どうしても自民党県議団と上手に折り合いをつける必要があるのだが、結局は上田県政の承継者を名乗ることになったため自民党県議団との対立構造を抱えたまま今回の県知事選挙に臨むことになってしまった。

政策にも強い真面目な候補者ではあるが、地域を盛り上げる力には若干欠けるところがあったのだろう。

国民民主党を離党する決断をした時に、それこそ自民党に入党したいというメッセージでも発信しておけば自民党埼玉県連も多少は心を動かされたのかも知れないが、そこまでのパフォーマンスは出来なかったようである。

多分、選挙情勢はこれから大きく動くようなことはない。

知名度よりは政策で選んで欲しい、と訴えておられるが、自民党県議団を敵に回したままでは肝腎の政策実現力に疑問符が付いてしまう。

いい人なのに、ちょっと気の毒である。

あわせて読みたい

「埼玉県知事選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    政府の肺炎方針に自民議員が苦言

    赤池 まさあき

  10. 10

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。