記事

埼玉県知事選挙、もう流れは変わらないでしょう

どこで手順前後しちゃったのかしら。

率直に言っていい人材だと思っていたのだが、先手を取っていたはずなのに、今は後手に回ってしまっている。

国民民主党を離党し、自民党埼玉県連に対して推薦を求めている、という話が出ていた頃は、お、やるもんだ、とご本人を見直していたのだが、それから先がどうもよくなかったようだ。

仲介者の力が足りなかったか、それともご本人はじめ関係者の皆さんの努力が足りなかったか、結局自民党埼玉県連から色よい返事をもらえなかったようである。

埼玉県政を円滑に発展軌道に乗せていくためには、どうしても自民党県議団と上手に折り合いをつける必要があるのだが、結局は上田県政の承継者を名乗ることになったため自民党県議団との対立構造を抱えたまま今回の県知事選挙に臨むことになってしまった。

政策にも強い真面目な候補者ではあるが、地域を盛り上げる力には若干欠けるところがあったのだろう。

国民民主党を離党する決断をした時に、それこそ自民党に入党したいというメッセージでも発信しておけば自民党埼玉県連も多少は心を動かされたのかも知れないが、そこまでのパフォーマンスは出来なかったようである。

多分、選挙情勢はこれから大きく動くようなことはない。

知名度よりは政策で選んで欲しい、と訴えておられるが、自民党県議団を敵に回したままでは肝腎の政策実現力に疑問符が付いてしまう。

いい人なのに、ちょっと気の毒である。

あわせて読みたい

「埼玉県知事選」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  6. 6

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  7. 7

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  9. 9

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  10. 10

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。