記事

米トランプタワー前の通りを「オバマ街」にしよう ネットで署名


[クジニツァ(ポーランド) 16日 ロイター] - ニューヨークのトランプタワーの前を走る通りの一部を「バラク・オバマ街」へ改称する案に、ネット上で31万2000人以上の署名が集まった。

発起人のエリザベス・ローウィン氏は「トランプタワー前の5番街が、オバマ前大統領にちなんだ名前に変わったら愉快だ」という投稿をツイッターで目にして、署名を集めることを思いついたという。

ローウィン氏は「オバマ氏は2011年のホワイトハウス記者協会の夕食会で、トランプ氏をこき下ろした。だから、トランプ氏がオバマ氏を本当に嫌っているのは知っている」と指摘。「あの時の動画は大好きだ。トランプ氏は怒りをたぎらせながら座っているだけで、みんなが彼を笑っていた。彼はとても繊細なので、その後記者との懇親会は行われていない。トランプ氏の心は、ひとひらの雪のように壊れやすいのだ」とも述べた。

この署名が、ネットで「釣り」と呼ばれる挑発に当たるかとの質問に対し、ローウィン氏はそうだと認め、「いじめであり、下らない行為だ。馬鹿げていることは承知の上だが、この困難な時代に人々へ共同体意識と笑いを与えること、そしてトランプ氏が政府をもっと台無しにするのを遅らせること、この2つの可能性があるからこのようなことを思いついた」と説明した。

一方、ニューヨーク市議会のコリー・ジョンソン議長の事務所は、ロイターに電子メールを送り、名称変更に賛成していないと表明。「オバマ前大統領を称賛するというアイデアは気に入ったが、これが最善の方法だとは思えない。オバマ夫妻は階級、公共サービスへの献身、大統領執務室への敬意の象徴だ。私が生きてきた中で最悪の大統領をこけにする以外の方法で、偉大な前大統領を称える方法を見つけられると確信している」と述べた。

これに対し、ローウィン氏は「私たちは楽しむべきだ。オバマ氏には素晴らしいユーモアのセンスがあり、『改称はやめて』と言うか、もしかしたら『とても面白い』とも言うかもしれない」と話した。

もし万が一、通りの名前が変更されれば、トランプタワーの新しい住所は「バラク・オバマ街725」になる見込みだ。

あわせて読みたい

「バラク・オバマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  5. 5

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  6. 6

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  7. 7

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  8. 8

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  9. 9

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  10. 10

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。