記事

フジテレビの安倍首相の甥 宮内庁担当から気象庁担当に異動

政権の雲行きは?(写真/時事通信フォト)

 新天皇の即位から3か月。各メディアで宮内庁の新たな取材体制への移行が進むなか、あるテレビ局では大きな変化が起きていた。

「フジテレビの7月の人事異動で、安倍首相の甥っ子で宮内庁担当記者だった岸信千世さんが、気象庁担当に異動になったんです。

 岸さんはもともと政治部出身で、2017年に宮内庁担当に異動した際は、総理とのパイプを活かして、元号スクープを期待されていた。今後も令和皇室の取材には力を入れていく方針なので、このタイミングで岸さんが外れたことに対して、局内でも驚きの声が広がっています」(フジテレビ局員)

 岸氏は、安倍首相の実弟である岸信夫・衆院議員の息子で、政界関係者の間では「(子供がいない)安倍の後継者」とも目されている。

 岸氏の異動に、報道フロアがざわついたというが、別のフジテレビ局員はこう語る。

「むしろ元号スクープに対する岸さんへの期待が高すぎたんです。フタを開ければ何の特ダネも報じることができず、上層部の落胆は大きかったといいます。元号が変わったからお役御免になったのでは……なんて冗談ともつかない話が局内では飛び交っています」

 フジテレビに聞くと、「個別の社員の担当業務に関してはお答えしておりません」との回答だった。

「将来的には退社して政界に転身する可能性が高い」(政治ジャーナリスト)と言われる岸氏。この異動は安倍首相の掲げる「災害に強い国づくり」に向けた勉強期間なのかもしれない。

※週刊ポスト2019年8月30日号

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  2. 2

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  3. 3

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  6. 6

    嫌韓と日韓関係を混同する新聞社

    PRESIDENT Online

  7. 7

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  8. 8

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    東電旧経営陣への無罪判決に不満

    川田龍平

  10. 10

    HIV内定取り消し訴訟 病院の大嘘

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。