記事

日本の男女賃金格差とペイ・エクイティ運動 - 屋嘉比ふみ子 / ペイ・エクイティ・コンサルティング・オフィス(PECO)代表

1/2

Ⅰ.ペイ・エクイティ運動の必要性

1.日本の女性労働の実態

女性活躍推進法が2016年4月に施行されましたが、女性労働者は活躍できているでしょうか?

現在、男性正社員の賃金を100とすれば、女性正社員73.4%、男性非正規67.3%、女性非正規54.4%であり、女性非正規社員の賃金は男性正社員の5割に過ぎません(2018年度版「賃金構造基本総計調査」)。正社員だけで見ても、OECD加盟国のなかでワースト3位です。

いまだに「男性片働き世帯」を標準モデルにし、女性は夫に扶養されるものという家父長制と性別役割分業意識をベースとする日本型雇用慣行が運用されており、男女賃金格差は差別と認識されていません。

「男性と同じ仕事をしているのに、女性というだけで年収が300万円も違うってなぜ?」「正社員とほとんど同じ仕事なのに、パートだから責任が違うと言われて、年収は正社員の半分って変じゃない?」など、理不尽な賃金差別に対して、女性たちは疑問や不満を持って働いています。

賃金差別は「人としての尊厳」を貶め、さらに年金など生涯にわたる人生全体に大きな影響を与えます。憲法で定められた基本的人権である女性の労働権や均等待遇の権利は確立しているとは言えないのです。

1947年に施行された労働基準法第4条では男女同一賃金を規定しています。しかし、学歴、勤続年数、雇用形態などを理由とした賃金格差は合理的(適法)と解釈され、あらゆる意味で男女が同一であることを条件とし、大多数の女性たちが均等待遇の対象から除外されてきました。

男女同一賃金が定着している公務員の労働現場においても、公務現場に臨時・非常勤という働き方が導入された1960年代から非正規雇用は全国で増大しており、正規労働者と同じ時間働いても年収が200万円以下で期限付きという究極に不安定な処遇がまかり通っています。さらに雇止めという不当な解雇が繰り返され、労働者の入替えが公然と行われてきました。官製ワーキングプアと呼ばれる公務非正規はその大半が女性労働者であり、間接差別といえます。

2.性別職務分離や雇用形態による格差の問題

民間では使用者側が意図的に男女を異なる仕事に就けることによって、男女賃金差別を合理化してきました。巧妙に男女の職務内容や職掌を変えて、ほんの少し違うだけで「異なる職務」だから格差は「当然」とされてきました。

また雇用機会均等法では、雇用管理区分が異なれば賃金格差は合理的としているため、男女別コース別制度が導入されている企業では大多数の女性が低賃金の一般職とされ、さらに非正規労働者は雇用形態が違うという理由で差別されてきました。しかし、実際の労働現場では男性は職務内容に関わりなく自動的に昇給・昇格を得ることが可能な場合が多く、女性だけが職務の内容を問われてきたのです。

1993年に施行したパート労働法は何度も改正されましたが、性別役割分業を前提とし、これまで通り女性たちの仕事を「家計補助的労働」、「自立して生計基盤を担わない主婦労働」と位置付けた『日本型均衡処遇』を合法化するものです。差別禁止の対象は、職務の内容、人材活用(転勤、配転)の仕組み、その他の事情が正社員と同じという要件を満たすことが条件になっています。

日本はILO156号条約(家族的責任条約・95年)を批准していますが、これに付随した勧告(第165号)では、パートタイム(非正規すべて)とフルタイムの均等待遇が義務付けられており、均等待遇を保障していない日本は、ILO156号条約にも違反をしています。現在、パート・アルバイトなど非正規労働者は2,036万人、その内の1,389万人(68.2%)が女性です。(2017年)

「フレキシブルで多様な労働条件」という言葉を政府や使用者は使いますが、非正規労働者の賃金は、外部労働市場(世間相場)によって決定されています。個人が従事する職務が、専門的な技能や経験及び心身の負担を要求されていても(仕事の質と量がいかに大きくても)、最低賃金と家計補助的主婦労働の賃金をベースにしており、この賃金の決定方法は様々な国際条約に違反しているといえます。

ペイ・エクイティ運動は、このような性別や雇用形態による差別をなくすために、同一価値労働同一賃金原則に則ったジェンダー中立な職務評価により「職務の価値」を数値化することで公正な賃金に是正するための運動です。日本が批准しているILO100号条約や国連の女性差別撤廃条約で規定され、世界各国で常識となっています。

3. 国際条約など

1)女性差別撤廃条約(1985年批准)

日本政府は、男女雇用機会均等法を施行するために、女性差別撤廃条約を1985年に批准しました。11条1項 (d)では、「同一価値の労働についての同一報酬及び同一待遇についての権利並びに労働の質の評価に関する取り扱いの平等についての権利」を保障するために措置を取ることが締約国の任務であるとしています。

CEDAW(国連女性差別撤廃委員会)から日本政府に対して何度も勧告が出されてきました。2016年3月にも、「同一価値労働同一賃金原則を実施することによって賃金のジェンダー格差を縮小するために努力すること」との総括所見が出されています。

2)ILO100号条約(同一価値労働についての男女同一報酬)(1967年批准)

2019年はILO(国際労働機構)創設100周年に当たります。ILOは労働者が直面する新しい課題に積極的に取り組み、つねに政労使三者合意による議論を積み上げて、条約を改正したり増やしたりしてきました。

100号条約は、2条1項で、「報酬率を決定するために行われている方法(団体交渉等)に適する手段によって、同一価値の労働についての男女労働者に対する同一報酬の原則のすべての労働者への適用を促進し、前記の方法と両立する限り確保しなければならない」と義務付け、90号勧告-5 では、「労働者の性別にかかわらない職務分類を行うため、職務分析またはその他の手続きによって、仕上げるべき仕事の客観的評価の方法を確立すべきである」と謳っています。

100号条約は、ILOの加盟国187ヶ国中、173ヶ国が批准(2019年)しており、先進資本主義国ではこの原則にもとづいて国内法を整備し、賃金格差の是正が実践されてきました。52年も前に批准している日本政府に対しても、ILO条約勧告適用専門家委員会(以下条勧委)から何度も勧告が出されていますが、改善の兆しはなく、労働組合もまた大小問わず職務評価に取り組んでいません。

その理由は、職務の価値という概念が普及していないことや、大組織の労働組合運動が今でも男性・正社員中心であること、また政府がILO条勧委やCEDAWの勧告を無視し続けてきたことなどがあります。

ILO条勧委は労働基準法4条の不十分さを指摘し、①同一価値労働同一賃金を法律で明確に表現するよう法改正の措置を取ること。②男女が行う職務を技能、努力(負担)、責任、労働条件といった客観的な要素にもとづいて比較することを可能とする職務評価システムを確立すること、などの意見を出しています(2008年)。

これに対して、日本政府は①労基法4条はILO100号条約の要請を満たしているので、法改正の必要はない。②男女賃金格差の主要な原因は、女性の勤続年数が短いことと管理職比率の低さにあるなどと主張してきました。ILO条勧委はさらに2015年、「男女同一価値労働同一報酬の権利を明確にする法的枠組みと適切な施行手続きおよび救済を保障するため、直ちにかつ具体的に取り組むよう要請する」と求めました。

3)男女共同参画基本計画

内閣府の男女共同参画第4次基本計画(2015.12)では、「男女労働者の同一報酬に関する条約(ILO第100号条約)の趣旨を踏まえ、 男女間の賃金格差の解消に向けた取組みを進める。

企業における男女間の賃金格差の状況の把握・分析と可視化(見える化)、公正・明確・客観的な賃金制度及び評価制度の設計と透明性の確保、配置・業務の与え方や教育訓練の在り方の見直し等を促進する。」とされています。

非正規雇用労働者の処遇改善については、「同一価値労働同一賃金に向けた均等・均衡処遇の取組みとしてパートタイム労働者と正社員との均等・均衡処遇の推進など、非正規雇用労働者の処遇改善や正社員への転換に向けた取組を進める」と書かれています。

4.みえない労働の可視化

日本の女性労働政策が女性の労働権と生活権を無視し続けてきたため、女性の貧困が広がり(とくにシングルマザーやシングルの女性労働者)深刻な状態です。社会問題とされていない女性の貧困を見えるものにするためには、女性の仕事を分析し可視化する必要があります。国際基準の職務評価が効果的です。

職務評価の目的は、職務遂行能力等の主観的な人物評価ではなく、客観的で性に中立な「仕事の評価」です。1)知識・技能、2)精神的・肉体的・感情的負担、3)責任、4)労働環境という4つのファクター(要因)を用いて数値化するもので、賃金設定で用いられる基準にジェンダーの偏りがないことが条件です。

典型的な女性職(女性が70%)の職務(看護師、保育士、事務職、介護職等)と、典型的な男性職(男性が70%)の職務(大型トラック運転手、建築・土木技術者等)双方の分析と評価により、公平で公正な賃金に是正する手法です。世界各国にある女性職と男性職という性別職務分離による性差別賃金を是正するために、男女の異なる職務(職種)についての価値評価を目的としました。

実際に、研究者と労組の協力で行った介護医療現場での職務評価の実践では、看護師の主要5職務の職務評価点を100%として、正規の介護職員は100.9%、非正規のヘルパーは87.8%、放射線技師は82.5%であり、対して賃金は、看護師を100%として、介護職員は73.5%、ヘルパーは52.5%、放射線技師は122.3%という結果が出ており、職務の価値に見合わない賃金であることがわかります(出典:森ます美・浅倉むつ子編「同一価値労働同一賃金原則の実施システム」有斐閣2010年)。

職務評価は、性差別だけではなく雇用形態の違いによる賃金格差是正や性差別的な日本の賃金制度を抜本的に変える合理的な手段です。実際にはこれらの結果をもって、労働組合が団体交渉で是正を獲得することが重要です。【次ページにつづく】 

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  2. 2

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  3. 3

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  4. 4

    N国丸山氏を糾弾する危険な正義

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    麻生大臣が「安倍4選」に初言及

    文春オンライン

  6. 6

    廃棄HDD漏洩 開いたパンドラの箱

    山口利昭

  7. 7

    菅長官の高級ホテル開発案は愚策

    木曽崇

  8. 8

    支持率に影響出ない桜見る会問題

    非国民通信

  9. 9

    フィンランドで34歳女性が首相に

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    あたらしい党から3人目の離党者

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。