記事

「親戚のように」地域で子ども支援、大阪のNPO

1/2

ひとり親や貧困などの背景を抱え、孤立してしまう子どもたちがいます。「家庭の身近な場所にある『地域』で、子どもを支えたい」。そんな思いから、大阪で親子2代にわたって子どもたちを支援するNPOがあります。活動について、話を聞きました。(JAMMIN=山本 めぐみ)

週1開催の「いっしょにごはん!食べナイト?」

西淀川子どもセンター分室「ねおほ」の外観

大阪市西淀川区を拠点に活動するNPO法人「西淀川子どもセンター」。大阪の中心街・北新地から3駅のJR御幣島(みてじま)駅から徒歩5分ほどの場所にセンターの分室「ねおほ」があります。ここで週に1度、夜間を大人不在で過ごしがちな子どもたちへの支援「いっしょにごはん!食べナイト?」が開催されていると聞き、取材に伺いました。

出迎えてくれたのは、団体代表の西川奈央人(にしかわ・なおと)さん(39)。12年前に母の日奈子(ひなこ)さん(64)が立ち上げた団体を引き継ぐかたちで、2年前から代表を務めています。

「西淀川子どもセンター」代表の西川奈央人さん。団体の歩みが書かれたポスターを手に

「子どもをめぐる悲しい事件が後を絶ちません。ここ西淀川でも、過去に虐待を受けて子どもが亡くなる事件がありました。事件が起きてからではなく、もっと手前の段階で気軽に子どもが駆けこめたり、周囲の大人がSOSに気づいてあげられる場があれば、子どもたちも少しは楽になるのではないかという思いから活動しています」

団体立ち上げ当時は拠点がなく、公園にパラソルを立てて子どもに声をかけたり、一緒に遊んだりすることから始めたという支援活動。立ち上げて2年目に市営団地の一室を事務所として借りられるようになり、「ぽぴんず文庫」という本の貸し出しや紙芝居をしながら、子どもたちが自由に訪れて遊べる場作りを開始しました。
すると、文庫を閉める時間になっても家に帰りたがらない子どもや、「この後、ゲームセンター行こうや」と誘い合わせ、やはり家に帰らない子どもを目の当たりにしたといいます。

夏休みなどには、キャンプや野外活動などの余暇支援も企画。写真は昨年開催したキャンプでの1枚

「『家に帰っても誰もおらん』『朝から何も食べてない』という子どもたちがいて、昼間ここに来たら一緒にたこ焼きを焼いたりおやつを食べたりしていたのですが、やっぱりどうしても夜の過ごし方が気になる。彼らと夜の時間を一緒に過ごしてみようという思いが、夜間支援『いっしょにごはん!食べナイト?』開催へとつながりました」

買い出しから支度まで、すべてを子どもたちと

「いっしょにごはん!食べナイト?」の夜。ずらりと並ぶ子どもとスタッフたちの靴

取材に訪れたのは、7月のある日。夕方5時の開始時刻を前に、少しずつ子どもたちが集まり始めました。
この日の夕飯メニューはキーマカレーとアボカドサラダ。参加者は子どもが9名、20〜30代のボランティアスタッフが8名、総勢17名です。驚いたことに、なんとスーパーの買い出しから子どもたちと行うのだといいます。

「私たちにとっては当たり前かもしれませんが、子どもたちの中には誰かとスーパーで食材の買い物をするという経験もほとんどない子もいます。それができたらいいなという思いから、あえて買い出しから一緒にするようにしています」と西川さん。何人かの子どもたちとスタッフが、メモを片手に連れ立ってスーパーへ出かけていきました。しばらくして買い出し班が戻ってくると、奥にあるキッチンで早速夕飯の支度にとりかかります。

多世代で子どもを支える

ごはんができるまでの間、熟年のスタッフと一緒に折り紙をして遊ぶ子ども

夕飯ができるまでの間、子どもたちはまるで自宅でくつろぐかのように、思い思いに時間を過ごしていました。スタッフさんと一緒にごはんの支度を手伝う子、おもちゃで遊ぶ子、スタッフさんとマンツーマンで勉強する子、おしゃべりをする子…。中でも印象的だったのが、「ねおほ」に入ってすぐの土間で、若いボランティアスタッフとは別の熟年のスタッフさんたちに折り紙を教えてもらう子どもの姿。「いっしょにごはん!食べナイト?」では、若いスタッフとは別に熟年のスタッフが控えていて、子どもたちを見守っているのだといいます。

「『土間(どま)部』という、熟年層や来客のスペースです。私たちの団体の特徴でもあるのですが、全員で同じ夕飯の支度をして一緒にごはんを食べるのではなく、熟年層のスタッフで形成されている『土間部』は別メニューでごはんを作って食べながら、子どもと若者スタッフが過ごす様子を見守ってくれています」と西川さん。

「土間部」の様子。おいしそうな香りが漂います

「ここの強みは『多世代が集まる』こと。子どもを中心に、彼らと年の近い20〜30代の若者ボランティアスタッフがいて、さらにその周りを土間部の熟年世代がサポートしています。さらにその周辺に地域で支えてくださる方たちや賛助会員さん、食料を支援してくださる方や、学校などの連携機関、活動をサポートしてくださる企業さんなどがいるというイメージです」

「一つだけのスペースだと、その場に馴染めない気持ちの子どもがいた時に、行く場を失ってしまう」と話すのは、西川さんの母で西淀川センターを立ち上げた日奈子さん。

「活動は若い人たちに任せていますが、隣にもう一つ私たちのような場所があることは、子どもにとっては大切。その場にうまく馴染めない状態の時、こっちに来て一緒に遊んだり話したりして少し気分転換しながら、ゆっくり過ごしてくれたらと思っています」(日奈子さん)

あわせて読みたい

「NPO」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。