記事

小学生「夏の自由研究」が様変わり、主流はプログラミングに

自由研究に新潮流(イラスト/福島モンタ)

室内で完結するものが主流

 夏休みも終盤を迎え、我が子や孫の「自由研究」が気になって、“何か手伝おうか?”と聞いてみる──だが、令和世代の小学生にとっては“ありがた迷惑”かもしれない。昭和世代の大人が手伝うことすらできないほど「自由研究」事情は激変していた。

 愛知県在住の71歳男性は盆に帰省してきた小学3年生の孫の様子に困惑したという。

「せっかくいい天気なのにパソコンばかりいじっていて、暇そうに見えたので『自由研究の題材になるから虫でも捕りに行こうか』と誘ったら、孫から『これが自由研究だから』と言われて……暇つぶしのゲームか何かにしか見えなかったのでビックリした」

 夏休みの宿題のなかでも、最も手間がかかる自由研究。アリの巣を作ったり、アサガオの観察日記をつけたり、電池とモーター、豆電球などを使った工作をしたりと、苦心した記憶が思い起こされるが、今やそうした場面はまったく様変わりしている。

 楽天ブックスが発表した小学生の自由研究に関する書籍の売れ行きランキングで、『プログラミングって何?』(旺文社刊)が首位になっているのだ。懐かしの『アリのす観察キット』(学研教育出版刊)が2位に入ったものの、10位以内に4冊のプログラミング本がランクインしている。

 そもそも「プログラミング」とは、コンピュータに意図した動作をさせるためのプログラムを組むこと……と説明されても、アナログ世代にはいまひとつピンとこないが、なぜ小学生の自由研究に用いられるのか。

 教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏は、こう分析する。

「2020年度から小学生のプログラミング教育が必修化された影響が出ていると思います。現代の生活ではスマホやゲーム機などの電子機器に触れさせないことはもはや不可能なので、それならゲームをやる側ではなく作る側になってほしいという、親の思惑が現われているように思います」

 複雑で高度な作業が必要そうに思えるが、実は意外と簡単なのだという。

 人気を博しているのが『Scratch(スクラッチ)』という子供向けのプログラミングサイトだ。文科省が教員の研修教材としても使用していて、前出のランキング含め自由研究のプログラミング本はこのサイトでの作成を前提にしたものが大半だ。

 インターネットで『Scratch』のページにアクセスし、子供向けに簡略化された手順を踏むことで、画面上でキャラクターを動かしたりすることができる。文科省の指導要領では、「マウスに連動して動くねずみを操作して猫から逃げる」というプログラムの作り方が紹介されている。試しに作ってみたが20分ほどで完成した。

 このサイトで作成したプログラムを自由研究の作品として提出するわけだ。でも、どうやって? 都内公立小学校の教諭はこういう。

「うちの学校では、あらかじめ提出用のメールアドレスを夏休み前に配り、2学期初日までに送信させて評価している。学校によってはUSBメモリで提出させるところもあります。発表会では生徒がパソコンを操作しながら説明する。昨年はクラス25人中10人がプログラミングの自由研究を提出しました」

 もはや“主流”なのである。今年は新教育指導要領の導入前最後の夏休みということで、さらに増えると見られている。前出・おおた氏はこの傾向に警鐘を鳴らす。

「プログラミングは実務的な作業で、大人になってからでもできること。子供のうちはもっと生命や生活に密着した、実感的な経験値を増やしたほうが、子供の成長の過程で好ましいと思います」

 何より、ひと夏かけて作った作品が「小さいUSBメモリ1つ」とは、ちょっと寂しい気がしてしまう。

※週刊ポスト2019年8月30日号

あわせて読みたい

「小学生」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  3. 3

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  4. 4

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  5. 5

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  6. 6

    前環境相「真意伝わっていない」

    原田義昭

  7. 7

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  8. 8

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  9. 9

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  10. 10

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。