記事

【サブスク】、大手アパレルチェーンがレンタル市場に続々参入!若者のホニャララ離れ?


■ペイレス・シューソースやジンボリー、ドレスバーンなど大手チェーンストアによる大量閉店のニュースが今年続いている。特にアパレルチェーンによる店舗スクラップが深刻だ。

アマゾンなどのネット販売によりチェーンストアのビジネスモデルが以前ほどの集客力を持たなくなっているのだ。

若い消費者を中心に買い物の仕方が変化している。むしろ今はモノを使い倒す「消費」や所有する「買い物」に変化があるのでなない。消費や買い物より、モノは借りる「レンタル」の時代になっているのだ。

大手ファッションチェーンもモールなどへのリアル店舗展開より「サブスクリプション(定額課金)サービス」に舵を切り始めている。

女性服の月極レンタルを手がける「レント・ザ・ランウェイ(Rent the Runway)」に倣い、大手チェーンがオンライン・レンタル・サブスクリプションに続々と参入している。

 ファッションブランドのアーバン・アウトフィッターズが今夏、サブスクリプション型の女性衣料レンタルサービス「ニューリー(Nuuly)」を開始する。

アーバン・アウトフィッターズ以外にも同社が展開する「アンソロポロジー(Anthropologie)」や「フリー・ピープル(Free People)」に加えて、リーボック(Reebok)やリーバイス(Levi's)、ラングラー(Wrangler)といった100を超えるブランドから月額88ドルで6着までアイテムを借りることができる。レンタル対象の中には、ビンテージアイテムも含まれるという。

今年始めには同じくファッションブランドのアメリカン・イーグル・アウトフィッターズもレンタルサービス「アメリカン・イーグル・スタイル・ドロップ(American Eagle Style Drop)」を月額49.95ドルで開始。

カジュアルブランドのエクスプレスも月額69.95ドルの「エクスプレス・スタイル・トライアル(Express Style Trial)」でローンチしている。

アンテイラーも月額95ドルの「インフィニット・スタイル・バイ・アンテイラー(Infinite Style by Ann Taylor)」で展開中だ。

 アパレルチェーンだけでなくデパートメントストアもオンライン・レンタル・サブスクリプションを開始する。

メイシーズは先週、傘下で高級デパートメントストアのブルーミングデールズで「マイリスト・アット・ブルーミングデールズ(My List at Bloomingdale's)」を開始することを発表した。月額149ドルとなるレンタル・サブスクリプションは9月中旬からのローンチを予定しており、60以上のブランドから集めた100点以上の限定コレクションを用意している。

直近ではGAPもサブスクリプション・サービスを発表。傘下のバナナ・リパブリックはファッション・サブスクリプションを手掛けるキャッスル(Caastle)と提携し9月末から女性向けに月額85ドル(3着)「スタイル・パスポート(Style Passport)」を始める。

なおレンタル・サブスクリプションの物流から洗濯・ドライクリーニングサービスまで提供するキャッスルはアン・テイラーやブルーミングデールズもサポートしている。

 調査会社グローバルデータ・リテールではファッションレンタルの2018年の市場規模を10億ドルと試算しており、年20%の急成長により2023年には25億ドルに達すると予想している。

 大手アパレルチェーンによる大量閉店が相次ぐ一方で、レンタル市場への参入を果たしながら新たなビジネスモデルを模索するチェーンが増えるのだ。

トップ画像:老舗デパートのロード&テイラー。サブスク企業からの買収話が持ち上がっているのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。月額79ドルでファンション・レンタル・サブスクリプションを提供するラ・トート(Le Tote)による老舗デパートメントストアのロード&テイラーの買収話が1週間前に持ち上がりました。

ラ・トートの創業は2012年で人間にすれば7歳。ロード&テイラーは1826年の創業でもうちょっと(7年)で200歳です。ロード&テイラーはハドソンズ・ベイ・カンパニーの傘下になっています。どうやら親会社は低迷が続くロード&テイラーの売却を模索しているようで、ラ・トートと交渉が入っているのです。

サブスク企業による老舗小売店の買収がまとまれば小売業界に激震が走ります。当ブログで何度も指摘している通りアメリカでは「買い物はお店(売り場)で」という前提が崩れています。ファッションも買い物による「所有からレンタル」に時代が移っているのです。売り場を持っていても以前のような集客も期待できないので意味を持たなくなっているのですね。

 若者のホニャララ離れでいえば、売り場から離れているのは確かです。が、サブスク企業が老舗小売店を買収する時代になれば、若者だけのトレンドではないということになるでしょうね。

あわせて読みたい

「サブスクリプション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  4. 4

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  5. 5

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  6. 6

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  7. 7

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  8. 8

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    マスク2枚?それなら小切手を配れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。