記事

ANA「女性登用は不公平」にどう対処したか

1/2

女性活躍の数値において高い実績を持つANAグループ。出産や育児への支援も手厚く、安心して働き続けられる職場として女性からの支持も高い。だが、過去には働くママに不平等な現実もあったという。片野坂真哉社長が、人事部長時代に解決できなかった問題とは?

“ゲタ履かせ”と言われるくらいやらなければ変わらない

【白河】ANAでは、2019年4月に山本ひとみさんが取締役常務執行役員に就任されましたね。これで女性役員は合計5名になり、しかも5名とも生え抜き社員の方々と聞いています。これは、長く女性活躍に取り組まれてきた証でもありますね。

【片野坂】ANAの場合、もともとの目標は「女性役員2名以上」で、これは数年前に達成できました。ただ、私は現状よりさらに女性役員を増やすべきだと思っているので、次のステップも考えなければいけません。加えて、2020年までには全体の女性管理職比率を15%に、うち総合職事務や客室乗務員における女性管理職比率は30%を目指しています。こちらも達成に近づいてはいますが、施策を作るのは男性中心なので、少し及び腰になっているようにも思います。


ANAホールディングス片野坂真哉社長(左)と少子化ジャーナリストの白河桃子さん(右)

【白河】女性役員を何%にしましょうと言うと、「数だけ合わせても仕方がない」「内容が伴わないと意味がない」などという意見が出てきがちです。それでもやはり、加速的な動きは必要だと思われますか?

【片野坂】私たちは、2014年に女性活躍推進を経営戦略の一つとして位置づけ、女性登用を含めた「ポジティブアクション宣言」を行いました。当時は、女性にゲタを履かせているなどという声も上がりましたが、そう言われるぐらい加速的にやらないと女性活躍は進みません。何と言われても、とにかくやらなければと考えていました。

「自分たちのポストがなくなる……」という男性の声も

【白河】そういう意識をお持ちの方が、各企業のトップにもっと増えるといいなと思います。宣言から5年が過ぎて、今はどうでしょうか。女性登用や両立支援などの施策について、男性から「女性ばかり不公平だ」という声は上がっていませんか?

【片野坂】例えば、ANAでは東京など5都市に営業支店があり、これらのトップは執行役員にもなります。以前から5名のうち2名は女性でしたが、この4月にもう1名増えました。これを受けて、男性陣からは「自分たちのポストがなくなる、大変だ」という声が聞こえてきています。でもそれでいいんですよ、刺激になっているということですから(笑)。

【白河】営業支店長のポストは5個しかないわけですから、その気持ちもわかります。でも、そうした声がありながらも、ブレずに女性登用を進められているのですね。ANAグループ全体を見渡せば、執行役員や取締役、社長、副社長といった要職に多くの女性が就任されていますね。ANAホールディングスの社外取締役には女性がいらっしゃいますし。

【片野坂】そうですね。特に航空会社ANAには、10年以上前から、客室乗務員だった人も含めて複数の女性の取締役や執行役員がいます。ただ、結婚・出産を経て役員になった女性はいないので、キャリアコースの整備がまだまだ足りていないのだなと思います。

人事部長時代には叶わなかった2つの願い

【白河】ライフイベントで、どうしてもキャリアの踊り場期ができがちなので、そこをどう変えていくかは非常に重要だと思います。ANAグループのように女性への支援、つまり産休・育休制度や時短勤務制度などが手厚いと、その分男性より昇進が遅れる「マミートラック」の問題が起こりがちです。

【片野坂】その点は私も問題視していました。実は人事部長だった5年間は、そこを変えようとしたんですよ。当時は、女性が産休・育休で約1年間休むと、復帰後に評価が落ちていたんです。大半の男性社員も、仕事をしていなかったんだから評価が落ちて当然という考え方でした。私は「能力が落ちたわけではないのにそれはおかしい!」と強く反対して、何とか皆の意識を変えようと頑張っていました。



【白河】評価は重要ですね。産休・育休に入る前と復帰後とで能力が変わるわけではないのに、昇進や昇給が遅れる、重要な仕事を任されなくなるというのは、多くの女性が納得いかないところでもあります。

【片野坂】人事部長時代にはもう一つ、女性の採用数を抑えて欲しいという男性事務方の声が上がりました。女性は結婚退職があり、出産の時期に休むので、あまりたくさん採ると大変だからと。これもおかしいですよね。私は娘がいることもあって、やはり反発しました。ここ5~6年は、ANAの総合職であるグローバルスタッフ職(事務)の新入社員の男女比率はほぼ半々になっています。

【白河】今おっしゃった2点は、多くの企業の本音でもありますね。でも、それに対して「おかしい!」と声を上げる人がいなくては、女性活躍は進みません。人事部長時代に皆の意識を変えようと努力された結果が、今につながっているのではないでしょうか。

【片野坂】残念なのは、私が人事部長のうちには変えられなかったこと。しかし、今は2点とも改善されました。今の当社では、産休・育休を取っても評価や昇給は他の社員と平等で、管理職にもチャレンジすることができます。また、採用に関しても男女同等になっています。加えて、働き方改革の面でも残業削減や有休取得が大きく前進しました。私の人事部時代の念願が大きく改善されたのは嬉しいです。

あわせて読みたい

「ANA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  2. 2

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  3. 3

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  4. 4

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    ジョンソン英首相の心に響く手紙

    青山まさゆき

  6. 6

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  7. 7

    英首相の容態安定 肺炎診断なし

    ロイター

  8. 8

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  9. 9

    医療崩壊防ぐには軽症者解放せよ

    小林よしのり

  10. 10

    配達物もコロナに汚染? 米で懸念

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。