記事

タピオカの次は「マー活」ブーム 四川よりも辛い中国料理は?

1/2
花椒の麻(マー=痺れ)の味を楽しむのが「マー活」だという

 真夏にあえて激辛料理を食べ大汗をかく──それもまた、猛暑をやり過ごすためのスタイルの一つだろう。巷では、四川料理などの激辛料理を食べ歩く「マー活」が流行の兆しを見せている。中国史が専門で各国料理の歴史にも詳しい作家の島崎晋氏が、各国激辛料理について解説する。

 * * *
「婚活」「朝活」「タピ活」など、「〜活」という新語が次々と出てくるなか、昨今は「マー活」という言葉もよく耳にするようになった。「マー活」の「マー」とは麻婆豆腐の「マー」のこと。「タピ活」が流行のタピオカドリンクを好んで飲むことなら、「マー活」は「マー」を好んで食べることだ。

 世界の激辛料理といえば、トウガラシをふんだんに使用したメキシコ、韓国、タイ、ミャンマー、ブータン、中国の四川などの料理が有名である。ヨーロッパではイタリアン・パスタのアラビアータくらいだろうか。その中で「マー活」の対象と言えるのは、四川料理だけである。「麻辣(マーラー)」という言葉はよく知られているが、「辛さ」を意味するのは「辣(ラー)」のほうで、「麻(マー)」は「痺れ」を意味する語、すなわち「マー活」は「痺れる料理を味わう」ということなのだ(狭義では「四川料理を食べる」「痺れる麻婆豆腐を食べる」といったことを指す人もいるらしい)。

 トウガラシが中米原産であるのに対し、「痺れ」の源である花椒(ホアジャオ)は四川省原産で、単に山椒と呼ばれることもあるが、日本原産で鰻重に欠かせない山椒と区別するため、唐山椒とか中国山椒、四川山椒などと呼ばれることもある。

あわせて読みたい

「料理」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  8. 8

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。