記事

タピオカの次は「マー活」ブーム 四川よりも辛い中国料理は?

1/2
花椒の麻(マー=痺れ)の味を楽しむのが「マー活」だという

 真夏にあえて激辛料理を食べ大汗をかく──それもまた、猛暑をやり過ごすためのスタイルの一つだろう。巷では、四川料理などの激辛料理を食べ歩く「マー活」が流行の兆しを見せている。中国史が専門で各国料理の歴史にも詳しい作家の島崎晋氏が、各国激辛料理について解説する。

 * * *
「婚活」「朝活」「タピ活」など、「〜活」という新語が次々と出てくるなか、昨今は「マー活」という言葉もよく耳にするようになった。「マー活」の「マー」とは麻婆豆腐の「マー」のこと。「タピ活」が流行のタピオカドリンクを好んで飲むことなら、「マー活」は「マー」を好んで食べることだ。

 世界の激辛料理といえば、トウガラシをふんだんに使用したメキシコ、韓国、タイ、ミャンマー、ブータン、中国の四川などの料理が有名である。ヨーロッパではイタリアン・パスタのアラビアータくらいだろうか。その中で「マー活」の対象と言えるのは、四川料理だけである。「麻辣(マーラー)」という言葉はよく知られているが、「辛さ」を意味するのは「辣(ラー)」のほうで、「麻(マー)」は「痺れ」を意味する語、すなわち「マー活」は「痺れる料理を味わう」ということなのだ(狭義では「四川料理を食べる」「痺れる麻婆豆腐を食べる」といったことを指す人もいるらしい)。

 トウガラシが中米原産であるのに対し、「痺れ」の源である花椒(ホアジャオ)は四川省原産で、単に山椒と呼ばれることもあるが、日本原産で鰻重に欠かせない山椒と区別するため、唐山椒とか中国山椒、四川山椒などと呼ばれることもある。

あわせて読みたい

「料理」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  3. 3

    食材追求した料理人に農家で皮肉

    幻冬舎plus

  4. 4

    韓国が戦略石油備蓄の放出検討へ

    ロイター

  5. 5

    政治家が被災地視察 迷惑の声も

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    韓国法相任命 正恩氏の指示と噂

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  8. 8

    世界大学ランキング 日本の課題

    ヒロ

  9. 9

    千葉の復興妨げる観光自粛を懸念

    かさこ

  10. 10

    佐野SAスト1か月 資金残りわずか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。