記事

田中防衛大臣はこれ以上日本の国益を害するようなことをすべきでない

いくらなんでもこれ以上の醜態は曝け出して欲しくない。

田中直紀防衛大臣はよほど無邪気なんだろうが、明らかに国政の進展を阻害し続けている。
参議院の問責決議を無視してアジア安保会議出席を強行し、帰国後野党の猛反発を受けてようやく辞任、閣僚更迭というシナリオを描いているのだろうが、これは余りにも下手なシナリオだ。

どんなことがあっても田中防衛大臣は辞めざるを得ない。
辞めることが必至の大臣を大事な国際会議に送り出す官邸の神経が分からない。
無神経、無責任、非常識と言わざるを得ない。

田中氏に少しでも良識と良心があるのだったら、こういうときは入院して静養に努めることである。

小沢氏との会談の結果を踏まえなければ閣僚の更迭という切り札を使えないというのであれば、あえて今の段階で閣僚の辞任をしなくてもいいが、最低限国益を害するようなことはすべきではない。

夕刊紙は前田国土交通大臣について捜査が始まったと報道していたから、前田国土交通大臣もいずれは辞任せざるを得なくなる。
皆さん、首を洗って待っているようなものだ。

こういう時は、誰でも体調を崩すものである。

参考:産経新聞配信記事

「田中防衛相「アジア安保会議出席」 野党反発、初外遊に赤信号
産経新聞 5月26日(土)7時55分配信

 田中直紀防衛相は25日、6月1~3日にシンガポールで開かれるアジア安全保障会議に出席する考えを表明した。就任後初の外遊であり、日米韓や日米豪による防衛相会談など重要な外交課題がめじろ押しだが、問責決議を受けた田中氏の外遊に野党は猛反発し、参院で「外遊許可」を得られるかどうか微妙な情勢。外遊にストップがかかれば、問責閣僚の留任が外交・安保上の不利益に直結することが浮き彫りになり、田中氏の交代を拒み続けてきた野田佳彦首相はますます厳しい立場に追い込まれる。

 田中氏は25日の記者会見で、藤村修官房長官からすでに会議出席の了承を得たことを明かし「自公政権でも防衛相が参加している。継続が大事だ」と強調した。外遊先では、日米韓や日米豪による防衛相会談で北朝鮮の核問題を協議するほか、防衛装備品の共同開発に向け、英国との防衛協力覚書の署名なども予定している。
 ところが、自民党の脇雅史参院国対委員長は「そもそも参院で問責決議が可決された段階で閣僚と認められないのだから出張は当然認められない。会議に行かずに早く辞めるべきだ」と断言。公明党の井上義久幹事長も「参院が閣僚にふさわしくないと判断した人が国を代表して参加することは認めるべきではない」と批判した。みんなの党の渡辺喜美代表は「問責決議を受けた防衛相が日本の防衛や安全保障の立場を語るのはありえない」、新党改革の舛添要一代表も「国際舞台に出ても日本の国益を守るために行動するのは不可能だ」と外遊を認めない考えを示した。

 閣僚が海外出張するための衆参両院の手続きについて明文規定はないが、憲法63条は首相や閣僚は「答弁又は説明のため出席を求められたときは出席しなければならない」と定めており、官房副長官が議院運営委員会の理事会に報告し、了承を得た上で外遊するのが慣例となっている。」

あわせて読みたい

「田中直紀」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。