記事

「ビーチに行くとき体形を気にする」日本が世界1位 女性のビキニ着用率は最下位

世界のビーチ旅行事情は?
世界のビーチ旅行事情は?

総合旅行サイト「エクスペディア・ジャパン」は8月7日、「ビーチ旅行」に関する意識の国際比較調査の結果を発表した。調査は世界7か国(イギリス、フランス、ドイツ、 イタリア、スペイン、韓国、日本)の18歳以上の男女計8000人を対象に行われた。

ビーチへ行くときに「体形を気にする」人の割合は、日本人は61%で7か国中最多だった。また、「ビーチ休暇へ向けた準備で一番お金と時間を使うもの」に「ダイエット」を挙げた人がイタリアに次いで多かった。

ビーチ旅行で最重視するポイント、日本は「安全性」、ほかの国は「総費用」「綺麗さ」

さらに、日本人は女性のビキニ着用率が15%と、最下位。ビーチでトップレスになったことがあると回答した女性は2%、ヌードになったことがある人は男女合わせて3%でこれらも最下位となった。

ビキニ着用率1位の国はスペインで、53%と半数を超えた。さらにビーチでトップレスになったことがある女性の割合でも43%で1位となった。ビーチでヌードになったことがある人はドイツが1位で、全体のおよそ4分の1の人が経験していた。

一番最近行ったビーチ旅行の日数を聞いたところ、日本と韓国では4日以下の回答が6割以上であった。一方、ヨーロッパ諸国では5日以上の長期旅行と回答した割合が多かった。ビーチ旅行の最重要ポイントとして、日本以外の国では「総費用」または「綺麗なビーチ」が選ばれたが、日本人は「安全なビーチ」を挙げていた。

一生のうち行きたいビーチについて、全体では1位「モルディブ」、2位「ハワイ」、3位「モーリシャス」、日本では1位「沖縄」、2位「ハワイ」、3位「モルディブ」という結果になった。国内である沖縄が1位になるなど、「安全なビーチ」を重要視する姿勢がここでも表れていた。

あわせて読みたい

「水着」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    肺炎の買い占め騒動はまだ序の口

    田中龍作

  2. 2

    よしのり氏 休校は英断ではない

    小林よしのり

  3. 3

    クレベリンの機内持ち込みは不可

    和田政宗

  4. 4

    コロナ対応にみるリーダーの素質

    室橋 祐貴

  5. 5

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  6. 6

    不正確な情報による買占めやめよ

    内藤忍

  7. 7

    コロナにゲイツ氏「100年に1度」

    ロイター

  8. 8

    ウイルスより速い情報の感染爆発

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  9. 9

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

  10. 10

    結婚式のキャンセルで高額負担も

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。