記事

女心とサブスク 私が花・菓子・化粧品の定期便を解約した訳

女性の消費意欲を刺激するサブスクリプションサービスが続々

「サブスクは便利ですが、わずかなガッカリが解約につながります」と内藤さん

 なにかと注目を浴びるサブスクリプション(定額継続)サービス。国内の市場規模(消費者支払いベース)は5600億円を超え、2023年には8600億円にまで伸びると予測されている(矢野経済研究所調べ)。最近では、化粧品や花が自宅に届くサービスや美容院のシャンプーし放題など、女性向けのサービスも多く見られるようになった。女性はこうした定額制にどう消費意欲を刺激されているのか。女性作家の内藤みか氏が実際に試して分析した。

【写真】サブスクフェチの作家・内藤みかさん

 * * *

 お花やお菓子などを定期的に送ってもらえるシステムは多忙な女性にとても魅力的です。とはいえ、毎月定額で何かが送られてくるというサービスは、今までもありました。頒布会などという名前で、スイーツや洋服などが送られてくるというものです。

 現代のサブスクリプションと言われるものと何が違うかというと、その人の好みによって送られる品がカスタマイズできるという点にあるでしょう。たとえばお菓子だとサイトで「小麦粉入りの製品は不可」「ドライフルーツはぜひ入れたい」などのリクエストを登録することができます。

 私も試してみましたが、確かに自分好みに絞られた品が送られてくるので、かなりの満足感が得られました。100%自分で選ぶと、どうしてもいつも同じものになりがちで飽きてしまうのですが、AIが「好みに近い今まで口にしてなかったもの」を勧めてくれるのでとてもありがたいし、何が送られてくるのかが楽しみになります。

◆明らかにトクだと感じると財布の紐がゆるくなる

 私は音楽を月額定額制の聴き放題サイトで聴くようになってから、CDショップに行かなくなりました。今まではCDショップで試聴しながら品を選んでいたのですが、聴き放題は月額料金さえ払えば何百万曲がタダなのですから、非常にオトクです。問題は、最新流行曲や一部のアーティストの曲は入っていないという点。私はBGM代わりに使う程度ですが、ヘビーな音楽好きの人には少し物足りないところはあるでしょう。

 また、月額定額制の洋服のレンタルし放題に登録してからは、フリマサイトでほとんど服を買わなくなったのです。今までは、欲しい服があると、誰かが袖を通した品でもいいからできるだけ安く手に入れようと複数のサイトを見比べるなど労力を使ってきましたが、今ではトレンドの服を新品でレンタルできるようになったので、その必要がなくなり、今までフリマサイトで使っていた時間や労力を他のことに使えるようになり、余裕もできました。

◆憧れの高級品を安く利用できる幸せ

 サブスクリプションを利用することによって、CD代や洋服代は目に見えて減り、経済的にも助かってはいますが、それ以上に軽減されたのは、私自身のコンプレックスです。

 今まで「トレンドの服欲しいけどどうせワンシーズンしか着ないしもったいない」「高級ブランドのバッグ欲しいけど高くてとても手が出ない」とあきらめて暮らしていた女が、トレンドの服も高級バッグもレンタルで使いこなせるようになって驚くほど精神的に安定したのです。

 気にしないでいるつもりでも、ずっと、街の中でトレンド服や高いバッグでコーディネートしている女の人を見ては羨ましく思っていたのです。子どもが通う私立高の卒業式で他のお母さんたちが持っている超高級バッグを横目で見て、世界が違うような気持ちになることもありました。

 けれど今では彼女たちと持ち物はそう変わりません。日々チリチリ感じていた悔しさはもうほとんど感じなくなりました。私のように、予算がなくてオシャレをあきらめてきた女性で、定額制のレンタルシステムに救われた思いになった人はいるはずです。

◆わずかなガッカリが解約を生む

 サブスクリプションは、ただ単に買い物するよりもずっと便利で楽しいシステムです。とはいえ、女性の心は揺らぎやすく、少しガッカリしただけで機嫌を損ねて解約してしまうもの。

 実際、私も化粧品とお花とお菓子の定期便は、すぐ解約してしまいました。化粧品は割と好みのものが届いたのですが、試供品ばかりで。サンプルはお店に行けばタダでもらえるものですから、おトクだとは感じなかったのです。

 それから、真夏日にポストに普通郵便で届けられたお花はぐったりしていて、花びらは変色し始めていたので、これならば町の花屋さんで元気な花を買ったほうがいいと感じたのです。

 お菓子についてはとても美味しかったのですが、タバコ1箱程度の大きさで250円ほどもするのでかなり高く感じて継続しませんでした。逆に言えば今までの買い物方法よりもトクでラクだと感じたら継続するのです。

 まだ網羅しているというわけではありませんが、サブスクリプションの魅力は、自分の部屋の荷物を減らせるということ。CDや洋服が増えすぎて収納に困るということもなくなりました。

 ネットの向こうに皆でシェアしている巨大なクローゼットやCD収納庫があり、必要な時だけレンタルする感覚は、とても身軽だし、部屋も広くなりました。“持たない”素晴らしさを知ったので、今後も様々な定額制を便利に使いこなしていくつもりです。

あわせて読みたい

「サブスクリプション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    日韓対立 両国は主張の棚上げを

    舛添要一

  5. 5

    首相「夕食会費はホテルが設定」

    ロイター

  6. 6

    米国が繰り返し韓国のウソを指摘

    高英起

  7. 7

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  8. 8

    中国が圧力? 英大学で高まる警戒

    木村正人

  9. 9

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  10. 10

    桜見る会の前夜祭費 菅長官が嘘?

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。