記事

中国で「産み分け詐欺」が蔓延か 妊活夫婦を標的に

妊活で苦労する夫婦が狙われた

 情報化社会の一方で詐欺まがいの行為がはびこるのは万国共通なのだろうか。中国の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏が指摘する。

 * * *
 違法広告といえば、日本の都市にもあふれている。その中身は不動産から風俗産業、あやしい食品まで多種多様。形態も電柱や電話ボックス、壁に貼り付けるモノからマンションのメールボックスに放り込むタイプまで、実にさまざまだ。

 この夏、中国で話題になった違法広告は、そんな汎用性のあるものではなかった。ピンポイントを狙った特殊な広告だった。

 その殺し文句は、なんと「16万元で必ず男の子を!」。16万元といえば、元が下落した現在のレートでも、およそ240万円。手軽な消費ではない上に事件性も高い。

 広告が出され問題となった現場は、海南省海口市の海南医学院第一付属医院。もちろん、広告と病院は無関係であるが、この病院は衛生部が正式に生殖補助医療技術を認めた第一号として知られているため、妊活で苦労する夫婦が集まることで有名だった。

 違法広告は、そうした夫婦をターゲットにして「若い優秀な大学生が精子を提供」、「代理出産」、「試験管ベイビーで男の子」といった煽り文句で誘っていたという。

 国内で多くのメディアが報じたが、なかでも詳しく報じたのが『工人日報』で、実際に客を装い業者とも接触している。

 その内容によれば、広告にある番号に電話をすると、出た男は「(試験管での産み分けの)値段は、一世代前の技術なら11万元(約165万円)で、最新式なら16万元」だといい、「広東省広州駅でこの電話に再度電話かければ、誰かが迎えに来る」という、なんとも怪しいシステムだった。

 いずれにしても中国社会では相変わらず男の子に対するニーズが強いのだが、その理由は、「一人っ子政策が緩和されても、経済的な理由から2人目を諦める夫婦が多く、一人ならば男とのニーズがあるから」だという。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  3. 3

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  4. 4

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  5. 5

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  6. 6

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  7. 7

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  8. 8

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  9. 9

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  10. 10

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。