記事

「表現の不自由展・その後」で「天皇を燃やした」と攻撃されている大浦信行さんに話を聞いた

1/2
「表現の不自由展・その後」中止の掲示(綿井健陽さん撮影)

「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」中止事件は、その後、中止に抗議して作品を自ら撤去する作家が相次ぐなど、事態は収まりそうもない。事態の深刻さを重く見たのだろう。8月15日に芸術監督の津田大介さんが『あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」に関するお詫びと報告』と題する長文の見解を発表した。

https://twitter.com/tsuda/

 その中でひとつの特徴は、大浦信行さんの動画『遠近を抱えてpart2』について、かなり詳しく言及していることだ。中止騒動で焦点になったのは、平和の少女像と、大浦さんの動画だったから、そこを意識して経緯と見解を表明すべきと考えたのだろう。

 さて、その津田さんの分析も参考にしてほしいと思うが、ここでは、8月14日に私自身が大浦さんを訪ねてインタビューした内容を紹介しよう。この間、電話では何度も大浦さんの話を聞いており、下記の記事でも紹介した。

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20190808-00137629/

「表現の不自由展・その後」中止事件と「天皇の写真を燃やした」という誤解

 今回、改めてインタビューしたのは、この天皇の像をめぐる騒動がねじれた方向に向かい、深刻な状況になりつつあるからだ。「天皇の肖像を焼いた」なる言説が独り歩きし、あるいはごく一部の切り取られた映像が拡散され、右翼によるテロも起きかねないような空気になりつつある。

 もともと大浦さんの代表作『遠近を抱えて』はかつて右翼の激しい攻撃にあい、一歩間違えればテロになりかねない事態に陥った経緯がある。そうした経緯の中でも大浦さんは自分の作品については一歩も妥協せずに、どういう思いで自分が作品を作ってきたかを説明してきた。これについては最近出版した拙著『皇室タブー』(創出版刊)で詳しく紹介しているが、今回の事態でとりあえずその本の中の大浦さんに関する章をヤフーニュース雑誌に全文公開した(もともとは『創』に掲載した記事だ)。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00010000-tsukuru-soci

 美術家・大浦信行さんと天皇コラージュ事件

大浦さんの作品『遠近を抱えて』

 マスコミが記事にするのなら、まずそうした背景をきちんと押さえてほしい。今回、そうした本人の説明や過去の経緯を理解しようともせずに激しい攻撃が行われているのだが、大浦さんをかなり前から知る者として、この状況は放置できないと思った。言論や表現に対する暴力が行使されないよう、大浦さんがどんな思いで作品を作ってきたかを何度も説明する必要があると思った。

 例えば『週刊新潮』8月15・22日号は大浦さんへの取材内容を記事にしているのだが、肝心の作品についての大浦さんの説明はほとんど書いていない。大浦さんに聞いたら、これは電話取材だったという。こういう大事な局面で、しかも右翼陣営に多大な影響力を持つ同誌や産経新聞の報道が大きな意味を持つことを考えれば、せめてきちんと当事者取材を行ってほしい。

 そこで私は今回、敢えて大浦さんのところに足を運び、今回展示された20分の動画を丹念に見たうえで、本人にインタビューした。

海外の映画祭では優秀作品賞を受賞

 今回、大浦さんが「表現の不自由展・その後」会場で流した映像は『遠近を抱えてpart2』と題するもので、大浦さんの前作の映画『靖国・地霊・天皇』の映像と、来年公開予定の次の作品である映画『遠近を抱えた女』のごく一部を合わせたものだ。映画は既に完成しており、海外の映画祭で公開されている。オランダでは優秀作品賞を受賞し、カメラマンも撮影賞を受賞したという。海外では純粋に作品として評価の対象になっているわけだ。

 ただ日本においてはそうはいかないことが今回の騒動で明らかになった。やはり天皇というのがそれだけ日本人の内面に大きなイメージを残しているからだろう。大浦さんの制作意図を無視して、天皇のコラージュを含む大浦さんの版画『遠近を抱えて』が燃えているシーンだけが断片的に取り出されて攻撃の対象になっている。長い作品のごく一部が切り取られて、しかも政治的文脈の中で指弾されるという、そのあり方を含めて、大浦さんと話した。

 以下、そのインタビューだ。

大浦 「表現の不自由展・その後」に展示した20分の動画は、前作の映画『靖国・地霊・天皇』の映像を中心に、来年公開予定の『遠近を抱えた女』の映像を少し加えたものです。

 それはさらに1986年に富山の美術展に出品した版画『遠近を抱えて』から続いている一つながりの作品なんです。同じ主題をずっと継続して描いてきたんですね。

 登場するのは従軍看護婦の女性で、出征する前の日に母親に別れを告げ、次は靖国で会いましょうと語る。これは実話をもとにしたもので、前作『靖国・地霊・天皇』の映像です。次の作品である映画『遠近を抱えた女』は既に海外の映画祭に出品しているのですが、同じ従軍看護婦の女性が主人公です。

 その女性に抱え込まれた「内なる天皇」、それを「昇華」させていくというのが、『遠近を抱えて』を燃やしていくシーンなんですね。そのシーンは1時間40分の映画の中ではごくわずかなのですが、今回の20分の動画にそこを含めたために、そこだけが取り出されて騒ぎになってしまいました。しかも、天皇制を批判するために燃やしたという全く誤った解釈がなされてしまったのですね。

 僕自身には天皇を批判するとか冒涜する意図は全くありません。僕自身の「内なる天皇」を従軍看護婦の女性に託して祈りを捧げるということなんです。

 だから撮影中もみんな真剣でした。今回のような騒動を予想しなかったし、映画全体を見てもらえばもう少しわかってもらえると思うのです。燃えているシーンだけを取り出して天皇批判の映像だという政治的文脈で捉えられるというのは、制作側の意図と全く違った伝わり方をしているとしか思えません。今までの僕の作品を見てくれていればもう少し理解してくれると思ったのですが、篠田さんはご覧になっていかがでしたか?

篠田 私はこれまでの作品も見ているし、大浦さんの「内なる天皇」という話も何度も聞いているので、そうなのかなと思って見ました。でもそのうえで敢えて言うと、普通の日本人ならやはり天皇が描かれたものが燃やされるというのは衝撃だとは思います。

大浦 それは日本人の中に天皇タブーがあるということですか?

篠田 それはもちろんあるけれど、それだけでなくて天皇のイメージというのはやはり日本人にとっては独特のものですよね。天皇の姿が燃えている映像には心がかき乱される思いをした人がいたとしても不思議ではない。特に一定年齢以上の日本人にとって昭和天皇のイメージは独特でしょう。

大浦 そうですね。昭和天皇は、帝国日本の統帥権を持った絶対的存在だったのですが、戦後は一転して象徴天皇という平和のシンボルになったわけで、こういう天皇は歴史的にも異例の存在でしょう。

篠田 映画は既に海外の映画祭で上映されているそうですが、今回のように天皇の肖像を燃やしたといった問題にはなっていないのですか?

大浦 海外の人たちは昭和天皇といってもわからないですよね。全く問題にもなりませんでした。

篠田 たぶん海外のプロの人たちは純粋に作品として見ているからでしょうね。でも日本人の意識の中では天皇というのは特別の存在だから、客観的な映像作品としては見られないのでしょうね。

大浦 海外の人の方が先入観を持たずに見てくれたと思います。

大浦さんの版画作品『遠近を抱えて』

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    読売の陰謀? 続くプロ野球不祥事

    文化通信特報版

  3. 3

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  4. 4

    元SMAPへ圧力濃厚 公取委の見解

    笹川陽平

  5. 5

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  6. 6

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  7. 7

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  9. 9

    資材大手の不正 事業拡大がミス

    川北英隆

  10. 10

    部落差別に罰則求めるのは逆効果

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。