記事

極私的な評伝 友人・瀧本哲史君の逝去によせて

1/2
 『僕は君たちに武器を配りたい』『ミライの授業』などの著者として知られるタッキーこと瀧本哲史君(京都大学客員准教授)が亡くなりました。学生弁論界の一年後輩で、足掛け30年のお付き合いでした。未だまったく現実感がないのですが、記憶が薄れる前に瀧本君との思い出を幾つか書き残しておきたいと思います。彼からFacebookを通じてもらったメッセージの一部も、当たり障りのない範囲で、誤字脱字をそのままにして書き残しておきたいと思います。あくまで「当たり障りのない範囲」に限りますが。

 彼と初めて会ったのは、私が中央大学辞達学会の二年生、彼が一高東大弁論部の一年生の時です。彼は東大法学部で一、二を争うと言われた秀才で、傲岸不遜にして多智多弁。官僚支配の全盛期、サークルの先輩の多くが霞ヶ関に進む中で「私は官僚にはなりませんよ。大蔵省に入るのは東大でトップになれなかった人たちですよ」と放言するようなタイプでした。

他人を容赦なく批判し、露骨に馬鹿にすることも少なからずあり、それでもいつも周囲に人が集まっていました。それは、彼の発言に裏表と悪意がまったくなかったこと、ユーモアに富んでいたこと、なによりその人懐っこい性格の故でしょう。「理外の理」を信奉する私とはタイプがまったく違いましたが、なぜか馬が合いました。

彼は弁論部ではディベートに打ち込み、選手のみならず指導者として練習メソッドやマニュアルの整備に取り組みました。その功績は「学生日本語ディベートの完成者」と言っても過言ではありません。私が2012年の衆院選で落選した後、公立長岡造形大学でディベートの講義を受け持った際も、彼のメソッドを大いに活用させてもらいました。

おそらく私が三年次に、愛知県蒲郡市で開かれた友愛杯争奪弁論大会に出場した時、彼は「学校教育にディベートを導入せよ」という主旨の弁論をしました。終了後のレセプションで、私が「あまりに陳腐じゃないか。君が伝えたいのはあんなことか」となじると、彼は「会場が管理教育で有名な愛知だからこそこのテーマなんですよ」と言い訳しました。

しかし、彼はその後も、まさに物理的に死ぬまで、若者にディベートを伝え続けました。彼の著作も煎じ詰めれば「ディベート的な思考を持て」という内容でした。彼が次の世代に伝えたかったのは、まさにディベートによって養われるべき論理的な思考であり、あの友愛杯の弁論は彼の魂の叫びだったのです。

彼が伝えようとしたのは、「人間が自由に生きようとするなら、研ぎ澄まされた論理的思考と、それを伝える技術が必要なのだ」ということなのでしょう。私が大学で受け持ったディベートの授業の主眼も結局そういうことになったのは、偶然ではなく必然なのでしょう。

ベルリンの壁が崩壊し、東西冷戦が終結し、あらゆるイデオロギーが揺らいだ平成初頭の弁論界で、世界秩序の再構築に向けた新しい論理を追い求めた世代。時代の空気に翻弄されながら、時代遅れと蔑まれていた学生雄弁界を中興し、第三の黄金期を作り上げ、あるいはその洗礼を浴びた世代。

爾来30年。ますます閉塞していく世界の中で、時代の同調圧力と戦うために「論理という武器を持て」と、彼は訴え続けていました。『僕は君たちに武器を配りたい』の冒頭は、次のような言葉で始まります。「本書は、これから社会に旅立つ、あるいは旅立ったばかりの若者が、非情で残酷な日本社会で戦うための『ゲリラ戦』のすすめである」。

私が四年生の時、サークルの同期で、全関東学生雄弁連盟の委員長を務めた上念司君(今は経済評論家)が「最強の弁士を養成する」と言い出したことが契機となり、のちに伝説として語り継がれることになる「『草の会』合宿」が開かれました。会場は私の祖父が当時、草津に持っていた小さな別荘でした。

上念君の趣味で「弁聖」という仰々しい名前がつけられた講師は、弁論班が小池英雄君と私、ディベート班が上念君とタッキーでした。その合宿では一言では言い尽くせない様々なことが起こり、オウム真理教事件の際には「草の会」合宿との類似性が仲間内で大いに話題になったのですが、それは本論から離れるので割愛します。

当時、学生雄弁界ではすでに「議論で瀧本に勝てる者なし」と言われていましたが、私はその合宿で“対瀧本必勝法”を編み出しました。それは議論において彼が調子に乗って畳みかけようとした瞬間に、「君は麻布・東大のエリートだから底辺の這う人間の思いはわからんのだ!」と叩きつけるものでした。言われた瞬間、彼は絶句してしまうのです。

それを3度、4度と繰り返すと、彼は顔を真っ赤にして抗議してきました。「宮崎さん、それは“卑怯”ですよ!」と。たしかに卑怯なので、私はその戦法を封印しました。タッキーは「私の属性と、論理の正しさとは無関係ですよね」とでも軽く反論できたはずですが、そうはしませんでした。お得意のロジックから離れて、「卑怯ですよ」と自分の感情を前面に押し出して抗議しました。

彼は表面に出る言動から醸し出すイメージと違って、とても人間的で、常に自分がエリートであることについて誇りと同時にやましさを持っていました。「自分はトップエリートであるからこそ、弱い人の側に立たなければならないのだ」と無邪気に信じていて、時にそこから外れてしまう自分自身を、歯がゆく思っていたのかもしれません。

 彼が著書でひたすら否定し続けたのは「人材のコモディティ化」でした。私流に解釈すれば「人間は歯車ではない。歯車になるな。いくら勉強ができようが仕事ができようが、歯車は歯車にすぎない」ということでしょう。トップエリートである彼は、社会的には歯車を回す立場の人間だったはずですが、そのような自らのあり方を拒否していました。

私が政治家の道を進んでから、彼がメール等で連絡してくるのは、大半は私が苦境に追い込まれている時でした。こちらが好調な時にだけ連絡してきて落ちぶれた時には音沙汰がなくなる人は大勢いるのですが、彼は逆でした。

Facebookで初めてもらったメッセージは、私が意味不明の疑惑でマスコミに叩かれた時です。「例の○○報道にはかなり怒りを覚えました。タイミングからしても。。負けずに頑張って下さい」「それくらい、敵も追い詰められてきたと言うことなのでしょうね」。私が消費税引き上げ反対で孤軍奮闘していた時期なので、彼は増税派からの攻撃だと受け止めたのでしょう。うがち過ぎのような気もしますが、勇気づけられました。

あわせて読みたい

「瀧本哲史」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  3. 3

    千葉停電で数万円の発電機が活躍

    かさこ

  4. 4

    韓国が戦略石油備蓄の放出検討へ

    ロイター

  5. 5

    食材追求した料理人に農家で皮肉

    幻冬舎plus

  6. 6

    デビルマンに凝縮した戦争の真実

    SmartFLASH

  7. 7

    「愛」を描いた京アニ映画を称賛

    狐志庵

  8. 8

    韓国法相任命 正恩氏の指示と噂

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    世界大学ランキング 日本の課題

    ヒロ

  10. 10

    サウジ油田攻撃 被害は想定外か

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。