記事

YOSHIKIがワインにかける思いとは? 即日完売必至の新作ワインがついにお披露目!

1/2

8月9日、グランド ハイアット 東京にて、X JAPANのYOSHIKIが自らの名を冠して造るワイン「Y by Yoshiki」の新作ワインがお披露目された。ワインづくりのパートナーであるロブ・モンダヴィJr.と歩んだ10年を振り返り、新作への思いを語った。

頭に浮かぶ、目指すべき味わいを形に

「Y by Yoshiki」は、YOSHIKIがカリフォルニア・ワインの父と称されるロバート・モンダヴィの孫である醸造家ロブ・モンダヴィJr.とのコラボレーションにより誕生したワインだ。もともとワインラバーであったYOSHIKIが、共通の知人を介してロブ氏と出会ったのが2009年のこと。


「私の祖父ロバート・モンダヴィとバロン・フィリップ・ド・ロートシルトとのパートナーシップから“オーパス・ワン”が生まれたように、私とYOSHIKIさんのワインづくりが始まったんです」(ロブ氏)意気投合したふたりが目指したのは、もちろんどこにもない最高のワイン。

YOSHIKI自ら何度もナパのワイナリーを訪ね、共に畑を歩いて葡萄の生育を確認したり、納得できる味わいにたどり着くまで何度も意見を交換しながら、ブレンディングを重ねた。

「ブレンドするワインが、わずか0.5%違うだけで、味わいやアロマが大きく変わります。樽の違いなど30種類以上の異なるワインをテイスティングする緻密な作業が重要なんです」(ロブ氏)

時にジョークを交えたくつろいだ雰囲気の中、ワイン造りに関しては真剣な表情を見せる二人の会話に、10年以上培ってきた信頼感と絆を感じる。後ろのスクリーンには、ナパ・ヴァレーのワイナリーでテイスティングしている様子が写っている。

多忙を極めるYOSHIKIゆえ、時にロスアンゼルスの自宅にワインを送ってもらい、ブレンドの確認をすることもあったそうだ。

「音楽をつくる時、僕は楽器を使わず、すべて頭の中に生まれたメロディを五線譜に落としていくんです。ワインのブレンドの作業も同じ。目指すものは頭と心の中にある。それをブレンディングを通して、ひとつの形につくり上げていくんです」(YOSHIKI)

目標とする味わいを決めるために、スクリーミング・イーグル、コルギン、ハーラン・エステートなど、錚々たるカリフォルニアのカルト・ワインをブラインドテイスティングした時は、すべて言い当てたYOSHIKIに「ワインの細かいニュアンスを完璧に理解している」とロブ氏も脱帽。「最高のワインを造るなら最高のコンペティター(競争相手)を知ることは重要なこと」と言う、そんなYOSHIKIの天賦のセンスもこのワインに活かされている。

もともとワイン好きで、カリフォルニアのカルト・ワインも数多く嗜んできたYOSHIKI。「ブラインドテイスティングですべて当てられたのも、それらのワインをたくさん飲んできた経験が生きているんだと思います」

あわせて読みたい

「YOSHIKI」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。