記事

北朝鮮のミサイル発射……トランプ大統領に遠慮している場合か

北朝鮮が最近、繰り返しミサイルを発射し、新型ミサイルの技術向上を図っているように見えます。今日もまた飛翔体発射のニュースがありました。

これらに関して、このところ安倍政権は、日本の安全保障に直接の影響はないとして静観の構えですが、本当にそれでいいのでしょうか。

安倍政権のこのようなスタンスは、トランプ大統領への遠慮ではないかとすら感じます。トランプ政権は、北朝鮮のミサイル等発射を問題視しない姿勢ですが、それは、米国に届かないような短距離ミサイルであることや、また、北朝鮮問題を外交上の得点にしたいというトランプ氏の思惑が背景にあるのではないでしょうか。

しかし、日本近海でミサイル発射を繰り返す北朝鮮は、確実に日本にとっての脅威の度合いを強めています。日本としてのスタンスをキチンと示す必要があるのではないでしょうか。

欧州諸国はこのところの北朝鮮のミサイル発射を、国連安保理決議違反だとのスタンスをとっています。しかし、日本はこれに同調せず、むしろトランプ政権の静観スタンスに同調しています。

これはあまりにおかしくないか。

安倍政権の外交姿勢は、時に強く出たり、時に静かになったり。迷走している観を呈しています。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  6. 6

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  7. 7

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  8. 8

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  9. 9

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

  10. 10

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。