記事

慰安婦像は神聖不可侵か?

ルオフ氏との対談本の帯のカットを描いて、スタッフと少しだけおしゃべりをして帰ってきた。

韓国のことが話題に出たが、今頃あの「反日」感覚に同感している日本人なんか、よっぽどの極左しかいないだろうという話になった。

昔は元慰安婦の婆さんが号泣してる姿を見て、同情してる日本人が大勢いた。
その頃、わしが慰安婦の真実を描いたら、左翼運動家から猛攻撃されて、福岡の43の市民団体から抗議を受け、それが朝日新聞に載り、「単行本への掲載を止めろ、謝罪広告を掲載しろ」と要求され、ど外れた「表現の自由」への抑圧だった。

それが今は、元慰安婦に同情する日本人なんか、よほど「情弱」な「純粋まっすぐ君」か、確信的な「反日」極左くらいしかいない。

「慰安婦の日」なんか作って、新たな慰安婦像を作り、「慰安婦をたたえる」なんてやってる「反日韓国」を見たら、大概の日本人は「もううんざり」という気分だろう。
それは「嫌韓ナショナリズム」という危ない感情ではなく、常識人としての感覚だ。

慰安婦像なんか、わしは「プロパガンダ反日像」としか思ってないし、罵っても構わないと思っている。
それが「ヘイト」だとは思わない。

むしろ、あの慰安婦像が「神聖不可侵」になりかねない空気の方を危険だと思っている。
あんなものを芸術扱いにして「神聖不可侵」の像にしようという空気はぶっ壊さなければならない。

だが、それほど不愉快な慰安婦像でも、わしは「表現の自由」の範囲内には入ると考える。
今、描いている「SPA!」『ゴー宣』は、そこに踏み込んだから、左翼的心性を持つ担当氏はブルったのだ。
だが、『ゴーマニズム宣言』の意義を納得してもらって、掲載してくれることになった。
まあ、発表されたら読んでくれ。

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。