記事

災害時、自宅避難でも定期的に避難所に行くべき理由

集中豪雨による被害が後を絶たない(Ph:Getty Images)

地域の共助が災害時の力に(イラスト/鈴木みゆき)

 大地震や豪雨など災害時の備えはできているだろうか。高齢の親がいればなお、いざという時に落ち着いて行動できるようにしておきたい。また、避難所に関する情報も重要だ。阪神・淡路大震災をはじめ多くの災害現場を知る防災・減災アドバイザーの水島重光さんはこう言う。

この記事のその他の写真

「避難所にはいくつか種類があります。まず市区町村が開設する“指定避難所”。自宅の損壊が激しく、生活が困難な人は誰でも利用できます。学校や公民館などが一般的。高齢者や妊婦、障害者など配慮が必要で、指定避難所では生活しにくい人たちのために開設されるのが“福祉避難所”。専門スタッフから必要な支援・介護を受けながら生活できます。ただ直接行くことはできず、指定避難所で体調や要介護状態を検討の上、移送が決まるので、まずは指定避難所にいる“運営委員(会)”に相談しましょう」

 このほか、旅館、スポーツ施設など、民間企業や法人が提供する避難所もある。一方、自宅避難は気楽な半面、物資や情報が不足して孤立しやすくなるという。

「情報や配給品が集まる指定避難所は重要拠点なのです。自宅で避難生活をしていても、定期的に避難所に行ってみるとよいでしょう」

 指定避難所を運営するのは、多くの場合、地元の自治会や町内会。地域や住民のことをよく知っている人たちなのだ。

「災害時には実にいろいろな困り事が起きますが、相談することで、みんなが知恵を持ち寄ってくれることもあります。マニュアルで解決できないことも人の助け合いで乗り切れることがよくあるのです」

 離れて暮らす親の防災も、子供だけで抱えるのは難しい。

「要介護認定を受けておらず、介護事業所などとかかわりのない高齢者は、支援のあるところまでたどりつけるかどうかが問題になります。そんな時に力になるのが地域の共助。親が親しくしているご近所さんや自治会などに、帰省時にでも挨拶に行き、よい関係を築いておくのもよいでしょう。

 家族だけ、親だけの“点”ではなく、ご近所、地域の共助の輪で考えることが、より力強い防災につながります」

※女性セブン2019年8月22・29日号

あわせて読みたい

「災害」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  4. 4

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  5. 5

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  6. 6

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  7. 7

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  8. 8

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

  9. 9

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  10. 10

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。