記事

「老後破産」しないために必要な3つのこと

画像を元記事で見る

「老後破産: ―長寿という悪夢―」を読みました。シニアになって貧困に苦しむ人たちの壮絶な姿がレポートされています。

読んでいて重苦しいと感じたのには、2つの理由があります。

まず、この問題は一度自分が貧困に陥ってしまうと、もはや自力では抜け出す方法が見つからないということ。そして、もう1つは現役時代は真面目に働いてきた普通の人がひょんなきっかけから「老後破産」になってしまうということにあります。

「老後破産」とは特別な人たちの問題ではなく、私を含め誰にでも遭遇する可能性のある問題だということです。

では、そうならないためにはどうしたら良いのでしょうか。私が思ったことは次の3つです。

1.健康に気を付ける
経済的にギリギリの生活をしていると、体を壊してしまうことをきっかけに、生活が成り立たなくなるのです。月に10万円程度の年金生活であっても、健康であれば何とかなる。そんなコメントを見つけました。健康こそが「老後破産」しないための大きな要因であることがわかります。

2.現役時代の生活水準を維持しようと思わない
レポートされている人の多くは、現役時代には仕事をしっかりこなし、真面目に働いていたことに驚きます。しかし、収入が減ってしまっても、現役時代と同じ生活を維持しようとすれば、経済的には成り立ちません。若いころに贅沢な生活をしていた人ほど、老後破産のリスクが高いと言えるのです。

3.年金以外の定期収入を確保する
年金制度だけで老後の生活が成り立つ人は、今やほんの一部の恵まれた人たちだけです。多くの人は年金以外の収入を確保しなければ、毎月のキャッシュフローをプラスにすることができません。預金を持っていても、無くなるのが怖くて手を付けないで節約しているケースが紹介されていました。ストック資産を取り崩す老後の資産設計は、現実には成り立たないのです。

老後破産するくらいなら、生活保護を受ければ良いと思うかもしれません。しかし、例えば、自宅を保有している人やある程度の預金を持っている人は、自宅を売却したり預金を使い果たさなければ生活保護を受けられない制度になっています。

愛着のある自宅に住み続けたい人や、預金がなくなる恐怖に怯えている人は、生活保護が受けられないのです。

また、生活保護を受けることに対し、日本人には根強いアレルギーがあるとも指摘されています。

これから、シニアに占める非正規雇用者の割合が上昇し、お一人様が増えると、状況はさらに深刻になっていきます。老後の貧困問題は、個人の自助努力だけでは解決できない、社会全体の問題として取り組んでいかなければならないと感じました。

■毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年8月16日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「破産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  3. 3

    なぜ高学歴なのに低収入になるか

    内藤忍

  4. 4

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

  5. 5

    山本一郎氏がKAZMAX氏にエール

    やまもといちろう

  6. 6

    31歳東大准教授が日本の若手叱咤

    Thoughts and Notes from NC

  7. 7

    子ども愛せず…高学歴男性の離婚

    幻冬舎plus

  8. 8

    雅子さまがまた涙 視線の先には

    文春オンライン

  9. 9

    森田知事巡る問題に舛添氏が苦言

    AbemaTIMES

  10. 10

    松坂の古巣復帰 西武が折れたか

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。