記事

7─9月期の世界貿易予測指数、前期から低下=WTO


[ジュネーブ 15日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)が15日発表した2019年7─9月期の世界貿易予測指数は95.7だった。前期(4─6月期)の96.3から低下し、モノの貿易が第3・四半期にも弱含む可能性が示された。指数は、自動車生産・販売など7項目から算出する。基準値の100を上回れば、貿易の拡大、下回れば縮小傾向を示す。

WTOは7月に公表した年央報告書に言及し、これまでにない新たな制約により、貿易の流れに影響が出ていると指摘。「高い貿易障壁と先行き不透明感につながる通商摩擦は、今後の貿易の伸びへのかなりの下振れリスクとなる」と説明した。

構成指数全てでトレンドを下回る貿易の伸びが示された。

国際航空貨物と電子部品の指数は共に、前回の水準を大きく下回った。一方、自動車生産・販売と農業原材料の指数は底入れしたとみられる。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  10. 10

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。