記事

北海ブレント一時3%下落、貿易戦争や景気後退懸念が重し


[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国時間の原油先物は下落した。北海ブレントは一時3%下落。景気後退懸念が強まる中、中国が米国の追加関税措置に報復を警告したことが重しとなり、前日の3%に続く下落となった。

北海ブレント先物<LCOc1>は一時、1.81ドル(3%)安の1バレル=57.67ドルまで下落。その後はやや戻し、清算値は1.25ドル(2.1%)安の58.23ドル。米WTI原油先物<CLc1>は0.76ドル(1.4%)安の54.47ドルで引けた。

前日は米債券市場で2年債利回りと10年債利回りが2007年以来初めて逆転。長短金利の逆転は景気後退入りの兆候と見なされている。こうした中、中国財政省はこの日、米政府が対中追加関税「第4弾」を発表したことを受け、中国側としても対抗措置を取らざるを得ないと警告した。

OANDAのシニア市場アナリスト、クレイグ・アーラム氏は「リスク選好度が低下し、貿易戦争による景気減速に対する懸念が出る中、原油先物が再び売られた」と指摘。 原油ブローカーPVMのタマス・バルガ氏は「市場では世界的な経済成長に対する懸念が著しく高まっている」と述べた。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟産油国(OPECプラス)による協調減産の効果で、北海ブレント先物は年初からはまだ10%高い水準にある。ただ米中貿易戦争や英国の欧州連合(EU)離脱を巡り世界経済の先行きに対する懸念が増大する中、OPECプラスの減産による効果は打ち消されている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「比例は山本太郎って書くよ」の恐怖

    田中龍作

    10月23日 14:51

  2. 2

    野党共闘の陰で原発事故被害者が抱える「ただちに影響ない」への怒りと葛藤

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    10月23日 11:19

  3. 3

    コロナ対策は人体実験 ラサール石井の発言が不適切すぎと物議

    女性自身

    10月23日 09:44

  4. 4

    「行列に並ばなくても食べられる」スシローが"持ち帰り店"を加速させる本当の狙い

    PRESIDENT Online

    10月23日 16:59

  5. 5

    京都で散見されるコロナの傷跡 空き店舗や廃業ホテルも多い中、観光再興できるか

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:47

  6. 6

    「野党に政権は任せられないが、自民党がこのままでは困る」有権者の棄権を招く政治の貧困さ

    PRESIDENT Online

    10月23日 12:38

  7. 7

    超話題作「イカゲーム」:その続編はあるか?

    島田範正

    10月23日 13:11

  8. 8

    『科捜研の女』が終了か 沢口靖子は3億円マンションを買ったばかり

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:52

  9. 9

    「奨学金はチャラ、消費税は廃止」れいわ新選組・山本太郎代表

    ABEMA TIMES

    10月23日 11:18

  10. 10

    中国のTPP加盟申請 その背景とは - 大西康雄 (科学技術振興機構特任フェロー)

    WEDGE Infinity

    10月24日 10:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。