記事

経済発展なんてどうでもいい、香港デモを巡る中国政府の本音 - 早川友久 (李登輝 元台湾総統 秘書)

[画像をブログで見る]

香港での抗議活動が続いている。香港域内で検挙された刑事事件の容疑者(外国人の場合も含む)を中国へ移送して裁くことを可能にする「逃犯条例」(容疑者引渡条例)の改正に反対する市民の抗議活動だ。すでに林鄭月娥・行政長官は「改正案は死んだ」などと発言して、事実上の撤回を表明しているが、香港市民が求めているのは「完全撤廃」だ。これは中国人の「口先だけならなんとでも言える」習性を熟知している彼らだからこその行動だろう。

抗議活動を取り締まる当局側の動きも過激化している。催涙弾やゴム弾はもはや恒常的に使用されている。白や黒のTシャツを着た集団に、デモ参加者のみならず、地下鉄に乗車しているだけの市民が襲われたりと、不透明な部分も多い。

そして8月12日には、デモ参加者が香港国際空港へなだれ込んだというニュースが飛び込んできた。きっかけは、ある女性の負傷だった。警察が水平射撃したゴム弾が、デモに参加していた女性の目に直撃した。女性は病院に運ばれたものの失明する可能性があるという。これに憤ったデモ参加者たちが「警察のやり方は過剰すぎる」と怒りをあらわにし、空港へと集結したというのだ。空港を利用する外国人旅行者に、香港の現状を知ってもらおうと、ビラを配布したりプラカードを掲示するためだ。

そしてついに当局は、香港国際空港の閉鎖を決めた。すべての離発着する便を欠航にし、旅行者に対しては「すみやかに空港から離れるように」とアナウンスを始めたのだ。中国政府の記者会見でも、報道官が「テロの恐れがある」と言及しているように、これはもはや一触即発の事態と言ってよい。

そもそも多数の外国人旅行者が行き来する空港では、警察隊もむやみにデモ隊の鎮圧が出来ない。しかし、航空便の発着を停止し、外国人を空港から退避させればどうなるか。空港に残っている人間はすべてデモ隊とみなし、文字通り一網打尽にする計画が進んでいると言ってもよいだろう。

ニュース映像では、日本人観光客が空港に足止めされたケースや、乗り継ぎの合間にちょっと香港観光をするつもりだった、などというコメントが流されていたが、もはや事態はそんな悠長なことを言っているレベルではないことを知るべきだ。私を含め、民主的かつ自由な国家で生まれ育った人間には、一党独裁の共産主義国家を牛耳る人間たちの価値観や発想が、想像もつかないものだということを肝に銘じるべきだろう。

「経済発展なんてどうでもいい」という中国政府の本音

先日、台北や上海などの支局長を歴任したベテラン新聞記者と話す機会があった。そこで私は、至極単純な疑問ながら、なかなか明確な答えを得られない問題を尋ねてみた。

「中国は1989年の天安門事件によって経済制裁を受け、まさに国際社会の孤児になった。ありとあらゆる情報が駆け巡るこの時代に、もし天安門事件の再来のような事件が起きたらどうなることか、中国の指導者は分かっていないんでしょうか。それとも分かっているけどやらざるを得ないと思っているんでしょうか」

思えばこの疑問そのものが、そもそも西側の自由主義陣営で生まれ育った私の楽観的な考えだったといえる。つまり、「国際社会が注視するなか、当局が暴力で市民を抑圧するようなことをするわけがない」「国際社会から孤立し、GDP第二位の地位から滑り落ちるようなやり方をするはずがない」という発想だ。

ただ、こうした「国際社会が見ている」「暴力的な行為を世界に発信することになる」といった発想は、やはり自由民主的な国で育ったゆえのものだったようだ。

件の支局長曰く「中国の指導者たちは、おそらく国の内側にしか目を向けていないでしょう。外からどんなふうに見られているか、などというのは二の次三の次です。暴力だろうが軍隊だろうが、なんとしてでもこの香港の『暴徒』を制圧しなければならない。さもなくば、この『暴動』がウイグルやチベットなど、共産党政権が抑圧してきた地域にまで飛び火する。この場合、極端にいえば経済発展なんかどうでもいいんです。つまり、経済は頑張れば何十年かで取り返せるかもしれないけれど、党が無くなったら彼らは終わりなんです。だから党を守るためなら、外からどう見られているかなんてどうでもいい。そういうことです」

iStock / Getty Images Plus / TheaDesign

冒頭、完全撤廃を求める香港人のデモは「中国人の『口先だけならなんとでも言える』習性」を熟知しているからこそ、と書いた。時代は違えど、彼らの本性が変わっていないことは歴史が証明している。

根こそぎ処刑された台湾の「228事件」

1947年2月に台湾で起きた「228事件」は、日本の敗戦後、台湾を占領統治していた国民党政府のあまりの腐敗ぶりに、堪忍袋の緒が切れた台湾の人々が立ち上がった事件として記憶されている。

闇タバコを売っていた女性への過剰な暴力が引き金となり、鬱憤をためていた市民の、当局への怒りが爆発したのだ。抗議のデモ隊は政府機関へと大挙して押し寄せたが、恐れをなした国民党側は機銃掃射でもって彼らの声に応えた。それによってさらに多くの人々が抗議活動を展開する結果となった。

劣勢とみた当時の行政長官、陳儀は話し合いを求める台湾の人々の要求に応え、話し合いの場を設けた。それによって人々が求める要求を尊重する姿勢を見せながら、一方では中国大陸に援軍を要請し、時間稼ぎを図っていたのだ。結果、大陸から送り込まれた軍によって、抗議活動に参加した人々は根こそぎ捕らえられ処刑された。話し合いの場は、ただの時間稼ぎにすぎなかったのである。

このとき、すでに日本から台湾へと戻っていた李登輝も、いちど話し合いの場を聴講したことがあるという。しかし李登輝は、国民党側の反応を見て「どうもいけない。のらりくらりと話し合いを引き伸ばしにかかっているようにしか見えない」とあわててその場を去ったそうだ。

自身も「知識階級」である李登輝は、その後、国民党によって展開された掃討作戦から逃れるため、大稻埕(台北西部の繁華街)にあった親友の家の米蔵にしばらく身を隠して難を逃れている。

中国人の本性は70年前も現在も、微塵も変わっていない。まさに「口と愛想はタダ」ではないが、口先ではなんとでも言えるし、相手を懐柔するためにときには譲歩したように見せかけるのも常套手段なのである。

香港の自由はもはや風前の灯といってよい。空港機能を停止させ、香港当局は一気にデモ隊を潰す作戦だろう。私たちも、自由民主的な基準で香港当局や中国政府を考えることは間違いだった、と気づかなければならない時が来ている。一党独裁の人治国家がその存続のため、香港に牙を剥いたあとには、台湾そして日本がターゲットになるという危機を改めて認識するべきだろう。

連載:日本人秘書が明かす李登輝元総統の知られざる素顔

早川友久(李登輝 元台湾総統 秘書)

1977年栃木県足利市生まれで現在、台湾台北市在住。早稲田大学人間科学部卒業。大学卒業後は、金美齢事務所の秘書として活動。その後、台湾大学法律系(法学部)へ留学。台湾大学在学中に3度の李登輝訪日団スタッフを務めるなどして、メディア対応や撮影スタッフとして、李登輝チームの一員として活動。2012年より李登輝より指名を受け、李登輝総統事務所の秘書として働く。

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  4. 4

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  5. 5

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  6. 6

    大前氏 GoToは差別助長する愚策

    NEWSポストセブン

  7. 7

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  8. 8

    対中圧力で国際社会は連携すべき

    木村正人

  9. 9

    中国が日本のFOIPを強く警戒か

    SYNODOS

  10. 10

    地方へ責任転嫁 国の姿勢に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。