記事

「電凸」で炎上アーティストのライブ公演を中止に追い込む…”ネット自警団”の正義感とモチベーション


 近年、"炎上"した個人や企業とは無関係の第三者であるネットユーザー、いわゆる"ネット自警団"による活動が目立つようになっている。中には当事者の関係先にクレームの電話をかける「電凸」も行う者もおり、先日も新曲プロモーションのために架空のセクハラ・パワハラ騒動を拡散するという"炎上商法"を用いて激しい非難を浴びた人気DJ集団「レペゼン地球」のライブ会場に「電凸」を行い、その模様を動画サイトにアップする者が出現した。

 こうした動きに対し、レペゼン地球は謝罪に追い込まれ、9月に予定されていたドーム公演も中止の憂き目に遭った。昨年から"ネット自警団"としての活動を始め、この問題で会場に電凸を行った石原氏(仮名)は顔を映さないという条件で、AbemaTV『AbemaPrime』の取材に対し、「シンプルに傷つく人がいた時点で、その人がちゃんと罪を償うべきだという正義感だ」と話す。

 「YouTuberさんが炎上した時に、"こういった考えはどうなんだろう"ということで2ちゃんねるに書き込んだり、動画を上げたりしたことはあった。ただ、電話という手段で本格的なクレームを入れたのは今回が初めてだった。常識的に考えて、レペゼン地球のしたことは悪いことだったと思うし、公演が中止になったのも妥当だと思う。たしかにライブを楽しみにしていた人は悲しいだろうが、レペゼン地球の行為に傷ついた人も少なからずいるし、僕も嫌な感じになった。その声をシンプルにあげたと考えている。僕らの行為は警察に代わって何かをやるということではなく、悪いと思ったことに対して苦情の電話をただ入れるというだけ。法律的にも悪いことをしてるとは考えていない」。


 タレントのパックンは「石原さんがこうしてカメラの前に出てきたのは勇気のある行為だと思う」とした上で、「日本社会は電話の抗議に弱いと実感している。テレビに出演させていただく身としては、抗議電話が来ないように日々心がけなければいけないというプレッシャーもあるが、数回の抗議だけで放送内容が変わるということは不思議だ。こういうことでコンサートやイベントが中止になってしまうのも非常に危険だと感じているし、非民主主義手段で表現の自由を害していると思う」と指摘する。

これに対し、石原氏は「底辺のYouTuberが動画で意見を言うだけでは大した効果はない。昔からスポンサーに電凸するという手法もあるし、外部の関係者に言われた方がダメージは大きい。そもそもレペゼン地球本人に向けてやっても流されるだけで効果はなかったと思う。しっかりと反省してもらうために、電凸という手段を選んだ」と回答。


 また、ジャーナリストの堀潤氏が「レペゼン地球の行為に関しては、過去に性暴力被害に遭った方々からは"あまりにもひどすぎる"という声が上がり、署名運動も立ちあがっていた。僕もそれに共感していたし、公演も中止でよかったと思う。一方で、メディアで出ている情報は必ずしも本当ではないこともある」として、電凸に至る経緯について尋ねると、石原氏は「炎上しているからといって、すぐに電凸するわけではない。ツイッターやYouTubeの急上昇ランキングなどで盛り上がっているところだけを見るのではなく、コメントなど含めて、多角的に見ている。今回の騒動の場合、レペゼンの動画のコメント欄には"それでも待っている"というファンの意見があった。そういうことを踏まえて、"これはどうなんだろう、これではいけない"と考えた。結果、ファンの方たちの中には"考えを改める"という人もあったので、それは良かったなと思う」と説明した。

 さらにパックンが「レペゼン地球さんのファンが、この番組に石原さんが出演することを知って電凸し、出演中止になっていたとしたら?」、堀氏が「顔と名前をガードしなければいけないというのはどういうことなのか」と尋ねると、石原氏は「それはもう覚悟しているし、ツイッターなどが荒れることも百も承知だ。インターネットは顔を隠しているので本音で語り合える場所だと考えているし、そのような結果になったとしても、受け入れるつもりだ」との考えを示した。


 社会学者で拓殖大学非常勤講師の塚越健司氏は、こうした"ネット自警団"の電凸について「"ネタかマジか"が一つのテーマになると思う」と話す。

 「2000年代前半、まだYouTubeやSNSのない時代から、2ちゃんねるなどでは"電話してみた"という話で盛り上がっている人たちがいて、本当にキレてというより、"やってやろうぜ!""ざまあw"みたいなものが多かった。もちろんマジで怒っていた人もいると思うが、ある種のネタでやっている人もいた。

一方、マジで怒る人たちの中には、行き過ぎて事件を起こしたり、人を刺してしまったりするようなものまで出てきた。受け止める側やメディアはネタなのかマジなのが理解できなくなって、複雑化していると思う。インターネットは確かに本音が言える場所だが、本音そのものが分からなくなってきているとも言える」。

 この点について、石原氏は「怒っていたのが6割。あとの4割くらいは、"ファンの反応を楽しみたい"と言うと語弊があるが、"どういった反応をするのか"という好奇心に動かされている部分があった」と明かした。


 では、逆に電凸を受ける側は現状をどのように考えれば良いのだろうか。

 塚越氏は「レペゼン地球さんも本来は"ネット炎上上等"みたいなことでやってきている人だったし、あいちトリエンナーレについても、ある程度の炎上をすることは分かっていたはずだ。つまり、受け手側としては、問題がここまで行ってしまったらアウト、こういう意見にはこう反論する、などと決めておくことが必要だ。企業がクレームに対して正論で応えたことが賞賛された例もある。ある程度の覚悟は持って、戦術を立ておく必要がある。それが足りないと、いざというときに右往左往してしまう」と指摘。

 堀氏は「新人アナウンサーの頃、クレームを自分で受けたことがある。"何だ!その髪型は!"と言われたので、"天然パーマで、親からもらったので…"と説明していくと、次第に相手方の気持ちも収まってきて、自分の何がいけなかったのかも知ることができた。クレームを入れる側にも言い分はあるわけだし、それをどういう手段で聞いていくのかということは考えたい。そうすれば、一つのコミュニケーションの現場になることもできるのではないか」との考えを示した。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶放送済み『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

あわせて読みたい

「炎上」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMなしスマホが技適通過

    S-MAX

  2. 2

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  3. 3

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  4. 4

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  5. 5

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  6. 6

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  7. 7

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  8. 8

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  9. 9

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  10. 10

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。