記事

本日は終戦の日。

本日は終戦の日。
台風の影響で地元の追悼行事が中止になりました。
予定していた追悼の言葉を掲載し、不戦の誓いを皆様とともに新たにしたいと思います。

300万人以上の尊い、かけがえのない同胞の命が失われた大戦から74年。
ここに心より哀悼の意を表します。

私も、祖父母からも戦争の悲惨さを聞かされて育ち、実際に祖父はシベリアの地に抑留され、命からがら帰国でき、そのおかげで私も生まれてくることができました。

広島や長崎の原爆投下も含めて、とうてい言葉では言い表せない苦しみや悲しみを越えての今日の
平和を私たちは何が何でも守り抜いていかなくてはなりません。

平和を願うべき令和の時代にあって日韓関係や、香港でのデモなど、北東アジアの平和にも不安や懸念が高まっています。

そして、わが国における平和憲法9条を変える議論も、各世論調査では9条を守って欲しいとの民意が多数を占めています。

私は、専守防衛に徹する平和憲法9条を守った上で、朝鮮半島の緊張緩和と北東アジアの非核化を実現していくべきだと考えます。

また昨年の真備の豪雨災害でいまだ7000人近い方々が仮設住宅などでの生活を余儀なくされていることへの思いをはせながら、復興の加速に全力で取り組んで参ります。

「平成」という時代が平和のうちに終えようとしていることに心から安堵する、との平成天皇のお言葉を大切に、令和を平和な時代にしていけるよう、私も全力を尽くして参ります。

もう一つ、最近気になる事があります。

民主主義で最も大切な事に、皆さんお一人お一人が自由にモノが言える、報道・言論・表現の自由があると思いますが、名古屋での表現の不自由展が暴力のよる脅迫により中止に追い込まれ、神戸でも予定されていた展示会が中止になるなど影響が拡大しています。

戦前の治安維持法など、報道も含めて自由にモノが言えなくなった時代、行き着く先は戦争であり、300万人以上もの罪なき市民国民が犠牲になったことも改めて私たち一人一人が深く自覚したいと思います。

報道・言論・表現の自由を封殺する言動も自由だと憲法21条をはき違えた言動が横行していることに強い危惧を抱きます。

歴史は忘れた頃に繰り返される。

安倍首相が、憲法論議を強行しかねない今年こそ私たち一人一人が銘記したいと思います。

終わりに、どうか台風や熱中症にもくれぐれもお気をつけ頂き、良いお盆をお過ごし下さいませ。

終戦の日に令和を平和な時代に祈りをこめて
衆議院議員 柚木道義

✳️写真は、1枚目は昨年度の追悼のご挨拶。
2枚目以下はお盆中の夏祭りにて。
皆様、くれぐれも台風にはお気をつけ下さいませ。



あわせて読みたい

「憲法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  3. 3

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  4. 4

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  5. 5

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  6. 6

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  7. 7

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  8. 8

    新型iPhone発売も内外から逆風

    ロイター

  9. 9

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  10. 10

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。