記事

前場の日経平均は反落、大幅安の後は戻り歩調に


[東京 15日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比250円21銭安の2万0404円92銭となり反落。14日の米国株式市場でダウ工業株30種の下げ幅が2018年10月以降で最大を記録するなど主要3指数が大幅安となったことを受けて、東京株式市場も先物主導でほぼ全面安商状で始まったが、売り一巡後は徐々に戻り歩調となった。

米中貿易戦争や英国の欧州連合(EU)離脱のほか、地政学的な緊張の高まりにより世界経済が減速しつつある可能性が示唆されたことで、投資家心理が冷え込んだ。

朝方は「米長短金利の逆転でマーケットは不意を突かれた格好となり、薄商いの中で全般的に崩れそうだ」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)と懸念されながらも、ドル/円相場が105円台後半で推移し、円高に進まなかったことで追撃して売る動きはみられず、下値不安が徐々に後退している。

日経平均は、午前9時半過ぎに前日比470円28銭安の2万0184円85銭できょうの安値を付けたが、その後は先物市場でショートカバーの動きが活発化。つれて輸出関連株を中心に戻りに転じ、前引け段階で、マイナス圏にありながらも、きょうの高値を付ける銘柄が目立っている。

個別では、トヨタ自動車<7203.T>をはじめ輸出関連株が総じて安いほか、ファーストリテイリング<9983.T>など指数寄与度の高い銘柄が軟調。業種別株価指数は、すべての業種がマイナスで前引けた。TOPIXは1.18%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0184億円だった。

東証1部の騰落数は、値上がりが192銘柄に対し、値下がりが1910銘柄、変わらずが46銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    東京五輪後に東京不動産は暴落すると言っていた人たち

    内藤忍

    10月18日 11:50

  2. 2

    年収 30年横ばい狂騒記

    ヒロ

    10月18日 11:33

  3. 3

    LINE問題で最終報告、経営陣対応「不適切」 情報漏えい認めず

    ロイター

    10月18日 22:38

  4. 4

    梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース

    10月18日 09:57

  5. 5

    中学入試で起きた首都圏の「御三家離れ」は解消か 武蔵、女子学院など根強い人気

    NEWSポストセブン

    10月18日 15:16

  6. 6

    マイケル・サンデル『実力も運のうち 能力主義は正義か?』

    紙屋高雪

    10月18日 17:02

  7. 7

    野党共闘の弊害 無敵の維新から票奪えるはずだった選挙区で「れいわ」降ろす

    田中龍作

    10月18日 13:47

  8. 8

    安倍、麻生を裏切り総理を操る甘利明・幹事長という「狡猾の人」

    NEWSポストセブン

    10月18日 10:43

  9. 9

    小室圭さん、かつての勤務先を訪問 近況や結婚の報告か

    ABEMA TIMES

    10月18日 14:19

  10. 10

    ドコモ障害 ひろゆき氏「200万人困っただけ」に対して専門家「実際はもっといる」

    ABEMA TIMES

    10月18日 10:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。