記事

「深い反省」踏襲 令和初の終戦記念日に天皇陛下がおことば

共同通信社

戦後74年を迎え、令和最初の「終戦の日」となった15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京都千代田区)で開かれた。天皇、皇后両陛下が即位後初めて出席し、おことばを述べられた。

今回の式典では、戦後生まれの天皇陛下がどのようなメッセージを発信されるかが注目を集めていた。式典では正午に1分間の黙祷が行われたあとに、天皇陛下が戦没者を追悼。戦後70年だった2015年以降、上皇さまがおことばに盛り込んでいた「深い反省」という表現は継続された。

陛下のおことばの全文は以下の通り

「本日戦没者を追悼し、平和を祈念する日にあたり、全国戦没者追悼式に臨み先の大戦においてかけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を想い、深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来74年、人々のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき、誠に感慨深いものがあります。

戦後の長きにわたる平和な歳月に思いをいたしつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り、戦禍に倒れた人々に対し、全国民とともに、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」。

あわせて読みたい

「終戦記念日」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  2. 2

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  3. 3

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  4. 4

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  5. 5

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  6. 6

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    小池氏の変節 五輪支持派が危惧

    WEDGE Infinity

  9. 9

    ビール業界で1人負け アサヒ苦境

    PRESIDENT Online

  10. 10

    小池氏勝利 秋の総選挙が濃厚に?

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。