記事

【読書感想】戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話

1/2

戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話 (講談社現代新書)
作者: キャロル・グラック
出版社/メーカー: 講談社
発売日: 2019/07/17
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

戦争の記憶 コロンビア大学特別講義 学生との対話 (講談社現代新書)
作者: キャロル・グラック
出版社/メーカー: 講談社
発売日: 2019/07/17
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容(「BOOK」データベースより)
なぜ世界は戦争の歴史でいがみ合うのか。真実の歴史は存在するのか。日本近現代史の権威・米コロンビア大教授が各国の学生との対話を通じて「歴史」と「記憶」の意味を探っていく。「ニューズウィーク日本版」で大反響を呼んだ特別授業、待望の書籍化。

 コロンビア大学の歴史学教授であるキャロル・グラックさんが、2017年から翌18年にかけて、さまざまな国籍・背景を持つ20~30代の学生11~14人(ボランティアで参加)と行った、「戦争の記憶」についての4回の対話形式の特別講義を記録し、書籍化したものです。

 講義の最初に、グラック教授は学生たちとこんなやりとりをしています。

 この講義は「授業」ではなく、皆さんとの「対話」形式で行います。
 今日は「パールハーバー」を題材に、第二次世界大戦の「共通の記憶(パブリック・メモリー)」について皆さんが考えていることや知っていることと、私が考えていることや知っていることを話していきましょう。

 まず、この質問から始めたいと思います。「パールハーバー」と聞いて、思い浮かべることは何でしょうか。
(グラック教授の右手の学生から、反時計回りに答えていく)

ユウコ:日本による米軍基地への攻撃。

ニック:奇襲攻撃と、諜報活動の失態。

トニー:ベン・アフレック(主演の映画『パール・ハーバー』。2001年公開)

一同:(笑)

グラック教授:そうですよね、わかります。

トム:アメリカが第二次世界大戦に参戦したきっかけ。

ミシェル:多くの犠牲者。

スティーブン:僕も同じように映画を思い浮かべました。

グラック教授:いいですね、そういう答えを知りたいので。あの映画を見に行ったのは彼とあなたと、私くらいのようですし。では、次の方は?

ヒョンスー(仮名):ハワイの日本人コミュニティー。

ユカ:日本の外交上の失態。

ディラン:アメリカの英雄主義。

トモコ:日本人として謝らなければならないこと。

インニャン:私も「多くの犠牲者」を思い浮かべます。

スコット:奇襲攻撃、というより「だまし討ち」とよく聞きます。

グラック教授:それはあなたが思っていることですか?

スコット:そうです。

グラック教授:分かりました。歴史の教科書がどう書いているかではなくて、あなたが何を連想するかを聞いてので、それで結構です。では、次?

スペンサー:アメリカの愛国心。

ジャジャ:観光地化している記念館。

グラック教授:(パールハーバーのUSSアリゾナ記念館に)行ったことがありますか?

ジャジャ:はい。

グラック教授:この中で、行ったことがある方はどれくらいいますか? (4人が手を挙げる)。ここまでが最初の質問でした。

 グラック教授と各国の学生たちのやりとりを読んでいると、「あの戦争」に対して、それぞれの国、あるいは、それぞれの人が属しているコミュニティによって、見方が大きく異なっていることをあらためて思い知らされるのです。

 「太平洋戦争」についても(そもそも、アメリカでは「太平洋戦争」と呼ばれることはなく、「第二次世界大戦」の大きな枠組みのなかの局地戦、と考えられているようです)、アメリカ人の多くは、この戦争のはじまりである「パール・ハーバー」の奇襲を語るのに対して、日本人は「戦争の終わり」である原爆投下や都市への空襲、昭和天皇の玉音放送を強く記憶しているのです。

グラック教授:第二次世界大戦についてアメリカには一つの物語があり、日本にも別の物語があります。一般的にアメリカの戦争物語はパールハーバーから語られ、日本の物語は戦争の終わりから語られます。

日本の物語はたびたび、広島原爆と天皇の玉音放送から始まりますよね? では、「歴史」とは違って、「記憶」の物語とはどういうことだと言えるでしょうか。記憶の物語の限界とは、何なのでしょう。

ニック:戦争の中で最も感情的な出来事によって突き動かされるということでしょうか。

グラック教授:ええ、そのとおりです。それもそうですが、もう一つの限界とは、国境です。記憶の物語とは、「国民の物語」なのです。勇敢さを思い浮かべたり、だまし討ちと捉えたりするアメリカと、原爆を落とされて世界初の被爆国となり、それによって戦後、平和への使命を与えられた日本と、これら二つは別々の物語です。

多くの場合、日本人は終戦と平和への使命について語り、アメリカ人は奇襲攻撃に対して勇敢に戦ったことを語ります。つまりどの戦争の物語についても非常に大きな点というのは、これらは国民の物語だということです。

日本人はパールハーバーについて覚えてはいるけれど、そこまで感情的な作用を伴わないでしょう。だからこそ、日本に南京事件や慰安婦の強制性について否定したがる政治家はいても、これまでに右派の政治家でも真珠湾攻撃を否定した人はいないのでしょう。

 「事実」はひとつであっても、立場によって、見方や注目するポイントは変わってくるのです。
 自分たちの先祖、とくに親や祖父母といった身近な存在の人が生きていた時代の自国民を否定されたくない、という気持ちは自然なものでしょうし、僕だってそうです。

 グラック教授は、この講義のなかで、「記憶」が政治的な都合で改変されていく事例を紹介しています。

あわせて読みたい

「戦争」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  3. 3

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  4. 4

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  5. 5

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  6. 6

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  7. 7

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  8. 8

    新型iPhone発売も内外から逆風

    ロイター

  9. 9

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  10. 10

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。